Sooda!
 閲覧数:75
銅線の代わりに、カーボンナノチューブを使う研究が進んだそうですが、いつごろ実用化されるのでしょうか。
みんなへのお礼
ありがとうございました。3年でしたら、中国インドの需要増に間に合いますね。

質問者:どう
質問日時:2009-10-09 11:22:32
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>数学・サイエンス

ベスト回答
あくまでも私見ですが、
カーボンナノチューブの、
形状および品質の安定的な量産化と、
半導体との接合技術が確定するのに、
あと3年ぐらいじゃないでしょうか。

回答者:pukoclub
回答日時:2009-10-10 10:21:59

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ