Sooda!
 閲覧数:82
前略

秋の夜長に相応しい、おすすめの面白い小説を教えてください。
今回は「短編集」を募集します。

作者と本のタイトルを書いてください。

かしこ
みんなへのお礼
皆様ありがとうございました。

質問者:匿名
質問日時:2009-10-13 00:04:21
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
三浦しをん
『むかしのはなし』

オススメです。
幻冬舎から出ています。文庫版あり。全部で7篇の短編が収められています。

かぐや姫や浦島太郎など、昔のおとぎ話が現代風にアレンジされています。
しかしおとぎ話を単純に現代版にリメイク、というわけではありません。「言われてみればこれは天女の羽衣か〜」といった具合に、読者側の受け取り方にゆだねられている話が多かったです。

短編ひとつひとつも非常に面白いですが、さらに7つの話がどことなく繋がっている点が面白い。時間軸・登場人物・世界観での繋がりなど、どんなふうに繋がっているのか謎解きのようで楽しめます。
三浦しをんは推理小説も書くので、このあたりの仕掛けの作り方が、さすがだな〜と思いました。

秋の夜長ということで、短編ながら続き物という性格の短編集を挙げさせていただきました。ゆっくり読みふけるのに最適です。

回答者:匿名
回答日時:2009-10-13 00:53:28

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/8件中
嶽本野ばらさんの「カフェー小品集」がおすすめです。実在する(...詳細

回答者:匿名
回答日時:2009-10-13 16:28:24

この回答の満足度 ★★★★★
痛快なおもしろさ。浅田次郎の「天切り松 闇がたり」シリーズ...詳細

回答者:いたりあのもあいぞう
回答日時:2009-10-13 15:37:23

この回答の満足度 ★★★★★
石田衣良など最近の作家さんが同じテーマで書いている本です。「...詳細

回答者:かのこ
回答日時:2009-10-13 15:00:36

この回答の満足度 ★★★★★
星新一 妄想銀行がおもしろいです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2009-10-13 12:28:42

この回答の満足度 ★★★★★
折原 一 「101号室の女」講談社文庫9編あります。この方の...詳細

回答者:匿名
回答日時:2009-10-13 03:51:47

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ