Sooda!
 閲覧数:63
成田空港が開港したのが昭和53年だったでしょうか。建設計画となると、さらに遡って何年、何十年前かわかりません。当時の首都圏の様子はわかりませんが、成田は空港を利用するために都心に直で行ったことがないので、時間間隔や距離感がわかりませんが、都心の人はできるなら羽田の方が近いので便利と思っているのが本音だと思います。

上野から京成とか走っていて、さらに新たな都心から成田への鉄道アクセスを建設されているなど時間短縮を図っているようですが、多分1964年の東京五輪やその後の高度成長などで羽田が限界となったときに、第2の空港として成田になったと思うのですが、いや他に候補となる場所はなかったのでしょうか。成田に決まった理由がわかれば教えてください。

質問者:soodaくん
質問日時:2009-10-14 17:37:26
カテゴリ:地域情報・旅行>国内>交通

ベスト回答
当事、他に八街や富里にも候補地がありました
しかし激しい反対運動があり、御料牧場の跡地活用が可能となったので成田に決まったという経緯があります

回答者:匿名
回答日時:2009-10-14 18:06:47

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。八街や富里も候補地ですね。北総を中心に計画していたのですね。御料牧場の跡地活用が可能になったので成田になったのですね。

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
成田空港計画当時でも首都圏で空港を作れるほどのまとまった土地...詳細

回答者:匿名
回答日時:2009-10-14 22:23:35

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ