Sooda!
 閲覧数:132
洗濯物などに今年はカメムシが多いな〜
と思っていたら、ベランダの菊に大量発生していました。
菊を揺らすと100匹は軽く落ちてきたくらいです(>_<)
先々週、グンバイムシが大量発生してオルトランCを噴霧しました。また別の薬を噴霧しないとだめでしょうか。
また菊ってこんなに虫がつくものなのでしょうか(+_+)

質問者:気持ち悪いです。。
質問日時:2009-10-17 09:05:38
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>園芸・ガーデニング

ベスト回答
菊は、たくさんの害虫が発生しやすい植物です。
オルトランCの噴霧よりも、オルトランCの顆粒を根元に撒くと、効き目が長続きします。
植物への噴霧だと、撒いたその瞬間に風で飛ばされたり、雨にぬれたりと効果が半減してしまいます。
根元に撒くと、薬の成分を植物が根からしっかり吸い上げて、葉の一枚一枚まで効果を発揮してくれます。

私も以前スプレー式を使用していましたが、効果が現われず、顆粒にし変えたところ、
1日・2日で効果が現われました。

今は1ヵ月に1回、定期的に撒いています。
(害虫がいなくても予防のために撒いています)
そのお蔭か今年は菊が見事に咲いてくれています^^
===補足===
高評価とコメントをありがとうございます。

私も同じように考えていました^^;
錠剤は1kg1,000円しないで売っていると思います。
スプレー式より、ほんの少し撒くだけで効果抜群なので、かえって安上がりになります。

私は初秋・晩秋・冬・春・夏と四季に合わせて菊を育てています。
オルトランCはどの季節の菊にも効果を発揮してくれます。

晩秋のの菊は今からが楽しみですよね。
日々、蕾が膨らみ、心がウキウキしてくる頃ですね。
たくさんのお花が咲きますように・・・。

回答者:匿名
回答日時:2009-10-17 09:22:12

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
丁寧な回答をどうもありがとうございました。
錠剤と噴霧のものがあり、
錠剤は効き目が遅いかなと思ったのですが反対でしたね^^;
>薬の成分を植物が根からしっかり吸い上げて、葉の一枚一枚まで効果を発揮
そうですね。 言われてみればその通りですね。

錠剤のほうを買いにいってみます。
せっかくたくさんツボミがついてるので、咲いてほしいのですが…
どうもありがとうございました。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ