Sooda!
 閲覧数:175
太宰治さんの小説だと思うのですが、何という作品なのか分かりません。

ある日、突然旧友が訪ねてくる。その旧友は、昔自分につらくあたっていた奴で、どの面下げて訪ねてきたのか、と自分は思っている。
しかしそんな思いは顔に出さず、客人としてもてなす。
何日か居座り、散々接待させた後、やっと旧友が帰るとき、自分は一言文句を言ってやろうかと思っていた。その矢先、
その旧友が自分に向かって、

「驕るな!!」(というようなこと)

と怒鳴る。
自分は、怒鳴りたいのはこっちだろうが、と意味がわからない。

というような話なのです。

分かるかた、作品名を教えてください。
よろしくお願いします。

質問者:モヤモヤ
質問日時:2009-10-18 19:21:26
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>芸術・言語・文学

ベスト回答
「親友交歓」かも知れません。
ただ、一応親友だったという設定みたいで、最後も「威張るな!」となっています。
ネットで読めるので確かめてください。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2271_34630.html

回答者:匿名
回答日時:2009-10-18 20:31:41

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
これです!どうもありがとうございました。

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
自信はありません。太宰の作品読んでいたのは、35年以上前の学...詳細

回答者:戦艦武蔵
回答日時:2009-10-18 20:42:56

この回答の満足度 ★★★★☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ