Sooda!
 閲覧数:85
起きて布団から出るまでの時間が異常に長いです〉〈
すぐに布団から出て活躍できるオススメの方法があれば教えて下さい。

質問者:モバイルメール
質問日時:2009-10-21 23:59:39

ベスト回答
私がおすすめしたいのは、「内蔵に負担をかけない」です。
睡眠することにはいろいろな意味がありますが、その一つが「休息・回復」かと思います。
脳細胞の回復や、筋肉の回復などいろいろありますが、実は気づかず疲れているのが胃袋などの「内蔵」です。
内蔵の負担をやわらげることで、睡眠時間を少なくし、寝起きをよくすることができると言われています。
実践法としましては、呼吸を変える(肺)、食事を少なくし、よく噛んで食べる(消化はかなりの疲労を伴うそうです)などです。
見えない部分ですが、重要なのです。
呼吸を腹式呼吸(簡単に言うと鼻から吸って口から吐く呼吸法、睡眠以外にも色々とメリットはあるかと思います。ヨガの呼吸法もこれです)に変える。食事を一日2回、又は一度の量を減らし、間食は絶対にしない。よく噛んでものを食べる。などを実践してみてはいかがでしょうか?
それから、毎日きまった時間に寝ることはとても大切です。人間の体には時計のようなものがあり、無意識のうちに「寝る時間」と「起きる時間」はインプットされていきます。毎日決まった時間に寝て、きまった時間に起きる、というのも方法のひとつのように思いますよ。
というより、基本的に私生活がしっかりしている人は睡眠の問題はあまりないようです、野菜をきちんととり、基礎栄養素をきちんととることも大事かと思います。

回答者:燗零
回答日時:2009-10-22 00:18:48

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
ベッドから離れた机の上に、大音響の目覚まし時計を置いてセ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2009-10-22 00:55:49

この回答の満足度 ★★★★★
睡眠時間は7時間程度で。あとは熟睡できるように軽めでいいので...詳細

回答者:匿名
回答日時:2009-10-22 00:38:12

この回答の満足度 ★★★★★
私はペットを飼いました。子猫ちゃんです。ベッドのそばで...詳細

回答者:こんな方法で起きてます
回答日時:2009-10-22 00:23:28

この回答の満足度 ★★★★★
私も長いです^^;;私は遅刻ギリギリの時間に目覚ましをセ...詳細

回答者:桃
回答日時:2009-10-22 00:06:01

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ