Sooda!
 閲覧数:461
読書の秋です。夏目漱石の作品の中で、みなさんの好きなタイトルを教えてください。ひとつだけでもいくつかあげても結構です。その作品のどのような部分が好きなのか熱く語ってください。ただしネタバレにならないようにお願いします。
みんなへのお礼
私も夏目漱石を尊敬しています。
ありがとうございました。

質問者:よびすてです
質問日時:2009-10-22 10:18:22
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>本・雑誌・コミック>書籍

ベスト回答
●前期三部作
三四郎・・・`ストレイシープ'という呪文めいた言葉が、ずっと心に残っています。
青年の感受性がよく出ていて、読みやすかったが、ぼんやりと謎が
あとをひく作品でした。

それから・・・いちばん好きな作品です。最後が圧倒的でした。`高等遊民'という
自称のいわゆる「働いたら負けさ人間」がおりなす、ぐうたら不倫モノ
かと、思って面白く読んでいましたが、やはり文豪の筆圧はすごかった。
クライマックスからラストへかけての、激変(感情・境遇)に流されるように
読みふけりました。感想は多々ありますが、すごいとしか言えません。

門・・・・『三四郎』や『それから』よりも、落ち着いた雰囲気のある作品でした。
『門』の激流とは打って変わって、よどんだ展開だったような・・・。
過去を背負って生きる真実の愛を求めた人々の、リアルがこれか・・、と
なんだか物悲しい気持ちになってしまいました。

●明暗
入り組んでいるような、そうでないような・・・登場人物がいろいろとゴチャゴチャ
うだうだ言っていて、話がちっとも進まない小説でした。でもそこがよかったです。
今の妻・昔の女・金の工面・優秀な妹・・・たくさんのものに板ばさみになって、
結局すべて中途半端にして、のらくらと過ごしている主人公でした。
ものごとは単純な筈なのに、人間のエゴがからむと、こうも複雑怪奇なものに
なってしまうのだな〜と、しみじみしながら読みました。夏目漱石の死によって、
未完に終わっていますが、たとえ生きていても完結なんてしなかったんじゃないか?
と思うぐらい、ずっと展開を引っ張るうだうだ小説でしたね。

●我輩は猫である
猫視点から人間を観察している(名無し猫はいつも斜め上から人間を見てましたが)
痛快な小説でした。猫の性格が大好きです。また、登場人物の名前が凝っていて、
おもしろいと思いました。クシャミとかメーテーとかオチコチとか、ヤギドクセンとか・・・
昨今の小説(ラノベなども)では変わった名前の登場人物が好まれることもあります
が、夏目漱石は、とっくの昔にやっていたんだなぁ、と考えたりしています。

回答者:尊敬してます
回答日時:2009-10-25 08:52:15

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ありがとうございました。

↓↓その他の回答 1〜5件/26件中
「坊っちゃん」です。教科書に載ってたので興味を持ち、本を買っ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2009-10-28 23:23:04

この回答の満足度 ★★★★★
こころです。中学生のとき読んで「ん?」って感じでしたが、大人...詳細

回答者:pnedved
回答日時:2009-10-28 20:42:38

この回答の満足度 ★★★★★
坊っちゃんです。初めて夏目漱石の本を買って読んだ本が、これだ...詳細

回答者:めんめん
回答日時:2009-10-28 15:23:13

この回答の満足度 ★★★★★
こころです。視点が変わり面白く、一気に読めました。詳細

回答者:ぼの
回答日時:2009-10-27 11:26:45

この回答の満足度 ★★★★★
「坊ちゃん」です。子供のころ読んで以来ずっと憧れていた道後温...詳細

回答者:kenken
回答日時:2009-10-25 15:38:47

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ