Sooda!
 閲覧数:98
扶養手当がもし今年の12月でなくなった場合についてです。
今年の年収が103万以下の場合は、来年はどうなるのでしょうか。1年前が対象と聞いていました。
来年からは保険のたしか140万以下を基準に考えればいいんでしょうか。
みんなへのお礼
ありがとう。

質問者:匿名
質問日時:2009-10-25 09:25:26
カテゴリ:マネー>保険・税金・年金>税金・公的手当

ベスト回答
扶養手当と記載してありますが扶養控除や配偶者控除についてでしょうか
所得税法上この控除の規定が廃止されれば103万円以下に抑えてもご主人の税金計算上は関係なくなります
しかし奥様ご本人は103万円を超えるとご自身が生命保険料控除やその他の所得控除がどのくらいあるかによって税金がかかってきます。
1年前が対象と記載がありますが多分住民税の話を聞いたのではないかと思いますがこの場合考えなくていいです。

社会保険については奥様の収入が130万円以下でご主人の扶養になることができ
その場合ご主人の保険料も上がらず奥様も保険も年金もかかりません
しかし130万円を超えるとご主人の社会保険の扶養からはずれます。
奥様はご自身で国民保険と国民年金を払わなくてはなりません。
中途半端に150万円くらい働くのであれば130万円以下に抑えたほうが家計全体からの支出は減ると思います。

まずは扶養控除などが最終的にどうなるか民主党の動きをまつしかないです。
まだ法律がとおっていないので判断しかねますね。

回答者:匿名希望
回答日時:2009-10-25 12:15:47

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
もし扶養手当が廃止になれば、今までの制度の基準はなくなると思...詳細

回答者:aqsweryu
回答日時:2009-10-25 11:00:46

この回答の満足度 ★★★★★
考えなくてもいいんではないでしょうか?詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2009-10-25 10:21:59

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ