Sooda!
 閲覧数:46
超高齢化社会では病院で診察を受けるのに数日待ち、手術を受けるのに数ヶ月待ちということもあり得ますか
将来迎えるであろう高齢化社会はどのようにイメージしたらよいのでしょうか。税収不足でインフラやライフラインが老朽化、停電断水がたびたび起き、公共交通機関は時刻どおり運行できず事故が多発、あちこちにゴーストタウンが出現して治安も悪化、インフレも進行し生活水準も下がる等々良いイメージがわきませんが日本は乗り切れるのでしょうか。

質問者:匿名
質問日時:2010-12-12 13:44:27
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
長い自民党政権の間に、ここまで財政悪化してしまっては、人口減少社会でとても良いイメージがわいてくる筈がありません。

「かかりつけ医」の定着で、診察を受けるのに数日待なんてことはないと思いますが、長い手術待ちは十分予想されます。

それよりも、新医療技術の進行で高い医療技術者会になるでしょうが、インフレの進行で老人の年金の貨幣価値が大幅に低下し、医療保険でもカバーできなくなるため、老人は手術などは金持ち以外は受けられなくなると思います。

車社会も更に進行し、車を持たない老人は外出もままならず、また最近の過疎地のように公共交通手段もなくなり「座して死を待つ」ようなことも十分考えられると思います。

人口対策として移民受け入れが増加し、一段と治安が悪化、取り締まる体制維持さえも不可能になって、自己防衛できない老人家族は次々に混迷の度を加えることが予想されます。

この状態を乗り切れるかどうかは、優れた政治家が出てくるかどうかに全てがかかっていると思います。タレントの人気投票のような形で国会議員を選んでいる現在の日本では、文字通りお先真っ暗でしょうね。

回答者:あまのじゃく
回答日時:2010-12-12 15:31:29

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
医療の質は、金によります。今後どうなるかは、政治の良し悪しで...詳細

回答者:アキラ
回答日時:2010-12-13 19:43:08

この回答の満足度 ★★★★★
将来も過去も..現金を持っている人が最終ゆとりある生活ができ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2010-12-13 01:13:28

この回答の満足度 ★★★★★
超高齢化社会といっても、無限に続くわけでは有りません。ピー...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2010-12-12 15:50:12

この回答の満足度 ★★★★★
私も、そう遠くない日本の将来を思うと日本に住むより海外に住む...詳細

回答者:万事塞翁が馬
回答日時:2010-12-12 15:38:28

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ