Sooda!
 閲覧数:44
将来、財政破綻の危機に瀕した日本国政府が中国に支援を求めるという可能性はありますか
あくまで仮にですが、将来日本国政府が金詰りで立ち行かなくなった場合、日本国債の買取等で直接間接に中国政府に支援を求めるという事態になることはあり得ますか

質問者:匿名
質問日時:2010-12-13 20:04:51
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
あり得るでしょう。

今の米国は、中国が国債を買ってやることにより、維持されていると言っても過言ではありません。

中国が米国の国債の全てを売ってしまえば、米国は倒産の憂き目に遭うでしょう。

しかし、中国がそれをしないのは、米国の国債が暴落するので、自らも損失を受けることになりやらないということだと思います。

米中はお互い、もちつもたれつの関係となっています。

日本も遅くない時期にそうなる可能性大でしょう。

回答者:万事塞翁が馬
回答日時:2010-12-13 20:47:19

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/21件中
その可能性はないです。他国に何かあれば支援を求めるはずです。...詳細

回答者:jyou
回答日時:2010-12-20 16:21:05

この回答の満足度 ★★★★★
中国に支援を求める事は絶対ありません。IMFが動いて国家公務...詳細

回答者:匿名
回答日時:2010-12-20 07:10:03

この回答の満足度 ★★★★★
中国はあり得ません。反日感情が高いので中国国民が反対すると思...詳細

回答者:フル・フロンタル
回答日時:2010-12-19 22:03:24

この回答の満足度 ★★★★★
絶対にあり得ません。資本主義国ですからIMFが面倒見てくれま...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2010-12-19 20:33:19

この回答の満足度 ★★★★★
中国に支援を求める事はないと思う。もし、求めたならば、中国の...詳細

回答者:匿名
回答日時:2010-12-18 13:46:55

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ