Sooda!
 閲覧数:45
北朝鮮と韓国がもめている今こそが、竹島を奪還するチャンスでしょうか。

質問者:アンドロポフ
質問日時:2010-12-14 07:26:09
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
北朝鮮−中国のラインと、韓国−日本−アメリカ合衆国のラインでの対立です。
日本が竹島に対してなんらかのアクションをすることはアメリカが許さないでしょう。
竹島の領有問題など知らない諸外国からの非難を浴びることにもなります。
対抗措置として中国が尖閣諸島の占拠に乗り出す可能性も出てきます。

メリットとデメリットを比べるとはるかにデメリットの方が大きいと思います。

日本が竹島を取り戻すには中国とロシアも何とかする必要があります。
やっかいなことにどちらも国連の常任安全保障理事国で拒否権を持っています。
口出しさせない方法は国際司法裁判所の裁定以外に思いつくものがありません。

回答者:ふみ
回答日時:2010-12-14 10:57:02

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/28件中
チャンスだと思います。ここで日本は立ち向かうべきでしょう。詳細

回答者:匿名
回答日時:2010-12-21 02:05:34

この回答の満足度 ★★★★★
確かにいい機会だと思います。今のうちとり返してほしいです。詳細

回答者:こも
回答日時:2010-12-21 02:03:03

この回答の満足度 ★★★★★
チャンスだとは思いますね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2010-12-20 21:25:23

この回答の満足度 ★★★★★
アメリカに頼って、奪還するしか方策は無いです。政府が本気にな...詳細

回答者:匿名
回答日時:2010-12-18 13:22:39

この回答の満足度 ★★★★★
火事場泥棒は彼らのやり方、日本は誇りを持って正式に立ち退き要...詳細

回答者:匿名
回答日時:2010-12-15 15:58:03

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ