Sooda!
 閲覧数:82
表土に撒き散らされた放射線物質を取り除く費用も、いわゆる「原発コスト」と考えるべきなのでしょうか。畜産への影響、ほうれん草への影響、海への影響も、原発が存在することに伴って「いずれは」起こりうる被害なのでしょうか。だとすると、原発は二酸化炭素を出さずにクリーンなエネルギーで、かつ低コストと言えるのでしょうか。素朴な疑問。
あと、何千年だか何万年だか良く知りませんが、長期間保管するコストはどのように計上されていますか。

質問者:原発
質問日時:2011-05-09 22:46:07
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
発電コストとは直接発電にかかる費用であり「電力会社が負担する分」です。
原発関連の交付金や廃棄物の処理費用は含まれていません。

要するに「政治的」に決まっているコストあり、経済原則上でのコストではないということです。

では何故そんなことをするのかと言うと、「核」技術を持ちたいからです。
人類が「核」を手放すことはありません。であるなら「使いこなす」のが一番です。

いかに「戦争を放棄した」日本であっても、国策上、核兵器は無理だけど核技術は欲しいと言うのが本音でしょう。

なので原発のコストは「何があっても」一番安くなります。
何故ならそれは「国策」だからです。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-05-09 23:49:11

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
表土に撒き散らされた放射線物質を取り除く費用も、いわゆる「原...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-05-15 09:42:44

この回答の満足度 ★★★★★
そんな不都合な真実、電力会社も、政府も、官僚も・・・目を向け...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-05-10 00:27:26

この回答の満足度 ★★★★★
考えるべきと思います。一番高くつくエネルギーです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-05-09 23:51:49

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ