Sooda!
 閲覧数:206
今の人は、みずほ銀行の西堀頭取が、数週間前のシステム障害の初動の悪さを指摘され、責任をとって、みずほ銀行頭取の地位だけでなく、全国銀行協会会長はで辞任に追い込まれたのはどう感じますか。

西堀氏ひとりの責任でしょうか。
それとも、旧3行(第一勧銀、富士、興銀)で重役以上の座を温情で分け合ってきたために指揮系統があいまいになり、大事故の時にはどう対応していいか意思決定ができなかった体質だったという構造的問題だと思いますか。

しかしなぜ、せっかく合併したのに、旧3行(第一勧銀、富士、興銀)で重役以上の座を温情で分け合ってきたのでしょうか?


※ご自身の深い考えを詳しく多めに書いた人にはハート数で優遇します。

※そっけなく短い回答ならハート数を期待しないでください。

質問者:匿名
質問日時:2011-05-26 19:37:10
カテゴリ:マネー>企業・経営>会計・経理・財務

ベスト回答
まあ、会社価値を毀損させた責任は、最高指揮官に取って貰うのが当然です。何かあった際にクビを差し出す前提で行内随一の高給を得ているのですから。

私は資産家ではないのでよく分りませんが、所謂"上客"ってのは支店長をアゴで使い、本行役員を呼び出せる力があると聞きます。合併時に夫々銀行には預金残高の差があったでしょうが、中身を見ると殆どはあまり利益の出ない客。利益の源泉である"上客"の数についてはどの銀行もトントンだったのではないかと。
合併当時、財務省のメガバンク構想に助けられて(中身よりも、まず合併ありき)呉越同舟の合併銀行になったのですから、"上客"も旧行ルートでがっちり保護してたんとちゃいます?
合併会社でありがちな"旧○○"、「オレは金のなる木を握っている。」っていう力の源泉が無いと維持できないモンですよ。

回答者:とくめい
回答日時:2011-05-26 20:06:02

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
体質と共にコンピューターのシステムが事実上2つあったのがト...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-05-26 19:44:48

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ