Sooda!
 閲覧数:205
岡山県の人形峠にんぎょうとうげでウランがほられたことがあるそうですが、その時ほりだされた放射性物質をふくむ土はどうなっているのでしょうか。

質問者:原発っこ
質問日時:2011-05-27 21:32:36
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
しばらく放り出したままだったが、その後、レンガに加工して、販売している。

ウィキペディア「人形峠」より引用
人形峠のウラン探鉱活動で生じた残土は、2008年4月から日本原子力研究開発機構によってレンガに加工され、2010年12月13日までに約145万個が製造された。一般向けには「人形峠製レンガ」として販売している。このレンガにはごく微量のウランが含まれているが、レンガの放射線量は平均0.22μSv/hで花崗岩と同じ程度のため安全としており、現在までに各地で花壇や歩道の整備などに使われている。

回答者:団塊
回答日時:2011-05-29 20:23:17

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
そのままでしょう。岡山や三朝温泉周辺の中国山地にはウランの鉱...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-05-28 22:20:38

この回答の満足度 ★★★★★
耐火レンガ(1): 0.45μSv/h 耐火レンガ(2)...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-05-28 05:33:07

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ