Sooda!
 閲覧数:95
ネット上の懸賞に応募するとき、「メルマガ会員になることが応募条件」というのが多いです。しかし、メルマガなんて読んでいる人、いませんよね。迷惑メールフォルダに振り分けて一気に消してしまっていると思います。メルマガ会員になってくださいと言って懸賞をやっても、お店には意味あるんでしょうか?

質問者:匿名
質問日時:2011-05-30 21:53:20
カテゴリ:インターネット・パソコン>インターネットサービス

ベスト回答
メルマガ登録していて読まない人がいるお陰で
私は比較的良い思いをしています。

メルマガ会員限定の懸賞が時々行われるのですが
その場合の連絡方法は当然メルマガと言う事になり
メルマガからだけ懸賞ページにアクセス出来る事になります。
読まない人がいればそれだけ競争率が下がり、当選しやすくなります。
又、メルマガの企業サイトで現在行っている懸賞の案内があったりしますから
サイトを常にチェックする必要がなく
懸賞ページに直ぐにアクセス出来ますから非常に便利だと思います。

メルマガを読むのが面倒な様ですが
そもそもメルマガ会員になる事が指定されている懸賞では
メルマガを読みたいと思わない企業の懸賞には応募していません。
懸賞サイトは便利だと思いますが
それだけにネット懸賞初心者が利用する可能性も高く競争率が高くなり
当たり難い懸賞になっている可能性が高いと思います。
実際に私自身懸賞サイトで得た情報から応募した懸賞には殆ど当たっていません。
しかしこれが企業から直接来るメルマガから得た情報から応募した懸賞となると
比較的当たりやすいと思われる飲料系の企業からは
ビールや飲料のケース単位でのプレゼントが当選していますし
PSP 2台、XBOX360、Wii、DS Lite、ハムやケーキ、1万円相当のギフト券、
CPU、マウス、ウェブカメラ、ソフトウェア
昨年応募していた懸賞なんかでは今年に入って直ぐに100万円の当選連絡があり
手続きもスムーズに完了し実際にもう口座に振り込まれました。
(因みに一時所得の税金の関係で振り込まれたのは95万円です)
ネットを行っている人ならその多くが知っている様な企業が中心です。
例えば自動車メーカーならHONDA、NISSAN、TOYOTAの懸賞に当選していますし
IT関連ではMicrosoft、I-Oデータ、ELECOM、BIGLOBE
飲料関連ではサントリー、キリンビール、アサヒビール、サッポロビール等々
それらの企業は自社でそれなりにネットでの戦略を行っていますし
企業に興味を持っている人もそれなりに存在する事になります。
懸賞サイトに頼ってネットに公開するのではなく
あくまで自社サイトやメルマガで懸賞を公開すると考えた方が良いと思います。

懸賞応募に対する考え方や方法は人それぞれだと思うのですが
私としては馴染みのある企業を中心に入念なチェックを行い
アンケート等の依頼があれば積極的に回答する様な方法が良いと思いますし
結果が出ています。
懸賞を行っている企業としては
懸賞を通して会社や扱っている商品をより多くの人に知って貰う事が目的ですから
自社に興味を持っている人が多くなり好感度が上がれば十分メリットがあると思います。
更にメルマガを読み続ける人が多ければ消費者側からの意見も集めやすくなるのですが
メルマガを読まない人はアンケート募集の時に回答もありませんから
消費者としての情報を提供していない事になり
自らチャンスを放棄しているのと同じ事になると言えます。

懸賞の賞品につられて応募しても簡単には当たらないと思います。

回答者:登録したメルマガを読まないなんて・・・
回答日時:2011-05-31 13:24:00

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
えっ・・・みんな読んでないんですか^^;私は一通り目を通して...詳細

回答者:ぽぽぽぽ
回答日時:2011-05-31 23:22:06

この回答の満足度 ★★★★★
私もネット懸賞しています。 いつも迷うのが「メルマガ登録」...詳細

回答者:じゅん
回答日時:2011-05-31 10:27:56

この回答の満足度 ★★★★★
あると思います。何かの拍子でそこの商品を買うこともまれにある...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-05-30 22:24:44

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ