Sooda!
 閲覧数:396
北の地方だと思いますが、「バキバキ」とか「バリバリ」と呼ばれる(魚)があるとか言っていましたが、何という名前の魚か分かりますか??

質問者:鱒 産
質問日時:2011-06-01 21:46:51
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
それはホッケをブランド化した「根ボッケ」のことです
===補足===
根ボッケ「バキバキ」好漁 函館
えさん漁協の尻岸内ほっけ刺し網部会(高島信幸部会長)が独自の漁法と鮮度管理で
ブランド化した根ボッケ「バキバキ」が盛漁期を迎えている。
同部会は尻岸内漁港から沖合2キロの水深30〜50メートルに根付く根ボッケを取り、すばやく氷詰め。新鮮な状態を表す漁師言葉「バキバキ」と書かれた緑のタグをエラに付けて出荷している。
現在操業する9隻で多い日で1日あたり2.5トンの水揚げがあり、漁獲量は例年並み。
高島部会長は「4月末から6月までが脂が乗って一番おいしい時期。ぜひ食べてほしい」と呼びかけている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/292373.html
2005年記事
「尻岸内ホッケ刺し網部会」が根ボッケのブランド化に取り組む
函館市恵山地区のえさん漁協「尻岸内ホッケ刺し網部会」(野呂勇輔部会長)が根ボッケのブランド化に取り組み、道内外から注目されている。
名前はユニークに「海峡根●(ねぼっけ)バキバキ」。工夫を凝らした漁法による新鮮さを売りに、昨年初めて札幌の市場に出荷し、大消費地で人気をつかんだ。さらに水産加工業者が「バキバキ」を真空パックにした開きホッケを発売するなど、銘柄品として広がりを見せており、新「函館市」の新しいブランドに定着しそうだ。
根ボッケは回遊せずに海底に根づいた、脂の乗った大型のホッケ。
通常は刺し網を入れて半日後に引き揚げるところを、「バキバキ」は約2時間で水揚げし、船上で氷結保存するため、抜群の鮮度を誇る。味覚は「身がしまり、脂の乗りが良く、ほくほくした食感が他のホッケと全く違う」
http://www.ehako.com/news/newsbk2/4273_index_msg.shtml

成長に従って、アオボッケ、ロウソクボッケ、マボッケ、ネボッケと呼び名が変わる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1

回答者:匿名
回答日時:2011-06-01 21:56:48

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/17件中
それはほっけですね。詳細

回答者:産送
回答日時:2011-06-08 21:46:08

この回答の満足度 ★★★★★
ほっけだと思いますね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-08 19:50:00

この回答の満足度 ★★★★★
ほ っ け ざます。詳細

回答者:ろばた
回答日時:2011-06-08 18:20:15

この回答の満足度 ★★★★★
ホッケのことですね。おいしくて好きです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-08 17:09:42

この回答の満足度 ★★★★★
ホッケだと思いますお酒を飲むときによく食べます詳細

回答者:匿 名
回答日時:2011-06-08 14:20:36

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ