Sooda!
 閲覧数:220
一般職員や住民の意見を聞こうとしない、この困った行政の問題にご意見を募集します。

元校長先生が、都を相手取って損害賠償訴訟を起こしました。

東京都立三鷹高校の元校長 土肥信雄さん(60)です。

「校長・教員の退職金。退職後の勤務」より要約

http://blog.livedoor.jp/man_ji/archives/51233460.html
clip



【土肥さんは今年3月まで校長を務めたが、在職中職員会議での挙手や採決を禁じた都教育委員会の通知を批判。退職後の非常勤講師としての採用が認められなかった。

土肥さんは「意見表明への報復だ」と訴える。


都教委は06年、「学校経営の適正化について」という通知を出し「職員会議中心の学校運営からの脱却」をうたい、校長の意志決定に影響を与えぬ様、挙手や採決は「不適切であり行わない」とした。


土肥さんは07年から「現場の教員が発言しなくなる」と批判し、メディアにも度々登場して話題に。ただし管理職として通知自体には従い処分も受けていない。

校長まで勤め上げながら不採用になった理由について、土肥さん側は「都教委の方針に反対する姿勢と意見表明を疎ましく思い、教育現場から排除することが目的」とみる。


都教委人事部は「採用については選考基準に基づき適正」としている。

「今回のようなことで不採用になれば、他の校長たちは萎縮してますますものを言えなくなる」と指摘する。

(09.6.7朝刊)


この校長先生はたけしのテレビ番組に出演されていたのを見たことがある。職員会議への介入など異常な教育をしている東京都にあって、正常な感覚を持った校長先生の印象だった。

正常な方が異端になってしまうのが今の東京都の教育。


700人以上の希望者で不採用は20人。都教委の政治的意図があったのだろう。】

<引用終了>


●会社や役所等で一般職員からの意見を一切聞かず、トップが独断で運営したら混乱します。

天下りの利権と引き換えにダーティなことをやらせた話はたまに報道されてますが、非常勤講師にさえ採用されないとは…。

これでは一般の先生達の意見、いじめや保護者からの苦情、学校事故など教委が耳にしたくない情報も届きにくくなり、一般の保護者・生徒にも不利益になります。

左翼的な教師達が偏向教育をしていた昔も困りましたが、この状態だと教委の権力が強く過ぎ、逆に問題だと感じませんか?

学校になにより必要なのは、普通の保護者や生徒の意見を聞き対処することだと私は思うのですが。

ご覧なったかたがたは、どのように考えますか?
===補足===
土肥信雄さんは「東京都の学校の言論の自由を守るために,つぎの5つの理由により提訴をしました。 」と訴状に書いています。

@ 非常勤教員不合格について理由を明らかにしたい

A 私、及び東京都の教育現場における人権侵害を明らかにしたい

B 都教委を公開の場に引きずり出したい

C 見せしめの不合格不採用による言論統制を許さない

D 教員として生徒に教えた 「自分の意見ははっきりと言う」 ことに対する責任を果たしたい

●学校に言論の自由を求めて!
http://blog.goo.ne.jp/ganbaredohi/


西原博史(早稲田大学教授・憲法学)は著書の中で

「憲法学者としてとても由々しき事態。

『都教委の言っていることは100%正しい。彼らの指示には絶対従わなければならない』この言葉を聞きながら、私は首をひねりました。

行政機関がそんな発想を持ち出すなんて、民主主義社会・人権が保障された社会の話なのだろうか?


1970年代に判例として、文部省は現場の教育について細かい所まで口を出してはいけない、ということが確立しました。

ところが現在都教委が提起しているのは、全く反対の主張なのです。学校現場の教員に対して一挙手一投足にいたるまで、マニュアル化して命令できるのだ・・・。

そうしたとんでもない立場を、いま都教委は打ち出し始めているのです。


そんな決定を押し付けようとすれば、現場の教員をはじめ逆らう人たちがいる。だから、初めから命令という形にしておこう。

こんな発想は、少なくとも責任を持った行政の姿ではありません。」

と述べています。

質問者:佐久間象山
質問日時:2011-06-04 21:42:56
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
教育委員会は腐っていると思います。

土肥さんは「学校から言論の自由がなくなる」(岩波書店)の中でこんなエピソードを紹介していました。


・・・・・・都教委の圧力は校長や教員に対してだけではなく、学校の主役である生徒たちの言論までもが奪われようとしています。

ある時の校長会で、都教委の責任ある立場の人から次のような指導がありました。


「ある学校の文化祭で生徒が掲示した物に対して、一都民から『偏っている』と意見が出た。校長はそのような掲示物については、十分注意して頂きたい」と。


私(土肥校長)は生徒の掲示物に事実と違うことや、差別的な言葉や内容が書かれているのなら必ず訂正させます。

しかし、その都教委の話の掲示物は、少なくともそうした類の物ではないし、意見を言った都民もその人自身の視点からの意見です。

本来であれば、そこで意見を出し合えばよいのです。


都教委は要するに、「そのような掲示物は外せ」と脅しているのです。一方的な意見で外してしまうなど、教育の場ではあってはならないことです。


私(土肥)は「それは憲法が禁じている検閲に当たりませんか?もし、その掲示物を外して、裁判にでもなったら負けてしまいませんか?その時、誰が責任を取るのですか?」と発言しました。

都教委からは、非常にあいまいな答えしか返って来ませんでした。


校長会という公式の場で、都教委からこんな発言が出されることをどう考えたらよろいしのでしょうか?

教委は教育の場において、生徒の言論の自由を尊重しないのでしょうか?教委の意向で生徒の言論など何とでもできると思っているのでしょうか?

回答者:nsalkdis
回答日時:2011-06-05 17:24:42

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
問題の本質がどこにあるのかよくわからないのですが…。実際のと...詳細

回答者:こーそんさん
回答日時:2011-06-05 11:15:34

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
問題が「退職後の非常勤講師としての採用が認められなかった。」...詳細

回答者:すとろんちうむ
回答日時:2011-06-05 08:56:17

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
このサイトへ質問(投稿?)するよりもご自分のブログで意見...詳細

回答者:山本七平
回答日時:2011-06-05 06:02:33

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
あなたは現場の職員会議で、国旗・国歌の問題等で職員会議が紛糾...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-05 02:41:33

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
私は思います。権利の主張だけでなく、義務もきちんと果たすこと...詳細

回答者:あまのじゃく
回答日時:2011-06-04 22:16:31

この回答の満足度 ★★★★☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ