Sooda!
 閲覧数:174
1946年に発生した南海地震のでは四国の太平洋沿岸や紀伊半島沿岸などに、高さ4m〜7mの津波、場所によっては、11mの津波もあったと観測されていますが、再来はあり得ますか。下記を見ると恐ろしいのですが、本当でしょうか。


東海、東南海、南海地震、地震三兄弟が同時発生すると、最悪24,700人死亡

中央防災会議の「東南海・南海地震に関する専門調査会」は平成15年9月17日、「東海」「東南海」「南海」の3地震が同時発生した場合の被害想定を公表した。発生時刻などで被害状況は変わるものの、最悪の場合、死者は約2万4700人、震度7の激しい揺れや10メートルを超える津波で約96万棟の住宅などが全壊、経済被害は約81兆円に達するとしている。同調査会が4月に発表した東南海・南海地震被害想定も一部見直しが図られた。東南海・南海地震被害想定
専門調査会によると、1605年の「慶長地震」、1707年の「宝永地震」は、3地震が連動して発生し、1854年の安政東海地震、安政南海地震では二つの地震が連続して発生している。このため、三つの地震が同時に発生した場合の被害想定をまとめた。東南海・南海地震の想定震源域
想定では、マグニチュード(M)は8・7。神奈川県から宮崎県までの範囲で震度6弱以上の揺れに見舞われ、高知県などには10メートルを超える大津波が押し寄せるという。
「午前5時」「正午」「午後6時」という発生時刻別の試算では、死者数は多くの人々が寝ている午前5時が最悪。建物倒壊で約1万2200人、津波で約1万2700人、斜面崩壊で約2600人、火災で約900人が死亡するとした。
ただし、津波については揺れに見舞われてから5分以内に高台などに避難すれば、犠牲者は約2000人は減らせるとしている。こうした地震はいつ突発的ニ起きても不思議ではないといわれている。家庭、地域、行政、企業は、事前に防災研修会などを行うと共に、直ちに防災マニュアルを見直し、対策を強化すべきである。

http://www.bo-sai.co.jp/toukaijisin.htm

質問者:たく
質問日時:2011-06-06 19:24:35
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
再来はありえるでしょう。

自然災害は予測しきれませんし避けられません。

できる対策をして置くのみです。

回答者:匿名
回答日時:2011-06-06 20:06:36

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/8件中
また来るかもしれません。民主党にはもっとしっかりと対策を立て...詳細

回答者:わ〜くん
回答日時:2011-06-13 19:15:19

この回答の満足度 ★★★★★
あり得ます。可能性は否定できません。一時的でもいいから何か対...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-13 15:56:48

この回答の満足度 ★★★★★
再来が無いとは言えないので、可能性は否定できない。もし、また...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-12 11:02:32

この回答の満足度 ★★★★★
可能性は否定できませんね。予想通りの規模の地震が来るかそれ以...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-06 20:37:03

この回答の満足度 ★★★★★
ありえますよ。それどころか富士山大噴火まで伴う可能性がある。...詳細

回答者:稲むらの火
回答日時:2011-06-06 20:10:22

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ