Sooda!
 閲覧数:676
印鑑についての質問です。

中学校で今年度の卒業記念品として、印鑑・訂正印・印鑑ケースのセット卒業生に贈ることになりました。

卒業生の中に、外国姓で名字の長いお子さんがいらっしゃいます。
●印鑑だと1文字オーバー
●訂正印だと3文字もオーバーしてしまいます。

最近は、実印を下の名前で登録される方も多いと伺います。
認印もまだまだ一般的ではありませんが、下の名前の判子を使用する方もいらっしゃいます。

・判子屋さんに伺うと、認印は氏名のどちらでも可能。
・訂正印は姓のみの対応。
社会的常識において名前の訂正印は認められていない為。

と伺いました。

このケースの場合、どのように訂正印を作ればベストですか?
日本人でも名字の長い方はどのようになされていますか?
本当に下の名前での訂正印は認められないのでしょうか?
例えは、名字の最初の2〜3文字だけでも認められる物なのでしょうか?

団体注文の為、一人だけ別の物を贈るわけにはいかないので悩んでいます。

質問者:ハンコ
質問日時:2011-06-08 13:41:06
カテゴリ:仕事・キャリア>その他


↓↓現在集まっている回答 1〜1件/1件中
回答する前に、『訂正印』の意味がわかりません。訂正印って、い...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2011-06-08 14:03:38

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ