Sooda!
 閲覧数:68
東京の下水の汚染状況の意味するところは!?

都の下水処理施設で高放射線量…避難区域に匹敵

東京都大田区の下水処理施設内の空気中から、毎時約2・7マイクロ・シーベルトの放射線量が検出されていたことが、都の調査で分かった。

計画的避難区域の福島県飯舘村の放射線量と同程度で、文部科学省によると、都内でこれほどの放射線量が検出されたのは初めて。放射性物質を含む汚泥の影響とみられるが、都は「検出場所は屋内。敷地の境界では問題なく、誤解を招く恐れがある」とし、調査結果を公表していなかった。

都によると、この施設は都下水道局の「南部スラッジプラント」で、都内2か所の下水処理場で発生した汚泥を集めて焼却し、灰を東京湾に埋め立てるなどしている。都の5月の調査では、この施設の焼却灰から1キロ・グラム当たり1万540ベクレルの放射性セシウムを検出していた。

今月6日、都が放射線量を測定したところ、焼却灰の仮置き場所となっている棟内の空気中で毎時2・693マイクロ・シーベルトを検出した。同じ日の飯舘村での放射線量は2・86マイクロ・シーベルトだった。同施設内の放射線量を1年分に単純換算すると約23・6ミリ・シーベルトとなり、計画的避難区域の対象となる年間積算量の20ミリ・シーベルトを上回る。

都は、施設内の別の場所では毎時0・038マイクロ・シーベルトにとどまっていることなどから、周辺住民らへの健康被害の恐れはないと説明。作業員には手袋やマスクの着用を改めて指示したとしている。
(2011年6月8日14時33分 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110608-OYT1T00603.htm?from=main6

質問者:あれば
質問日時:2011-06-09 00:51:54
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
東京も場所によってはかなり汚染されてるようですね。
体のだるさ・頭痛・のどの痛み・鼻血・下痢・せきなど
かつて広島・長崎であったぶらぶら病のような
症状が出てる人もいるようです。
低線量の被曝地域の方が放射線被曝の初期症状が
出易いと言う専門家もいるようです。
この症状はストレス、風邪や夏バテ、ただの怠け者と誤解されて
どんどん被曝が進んでいきそうです。
放射能の影響だと気づいた頃にはもう遅いんでしょうね。怖いです。

回答者:匿名
回答日時:2011-06-09 03:38:51

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/13件中
水道水がヤバイってことですよね。じわじわと汚染されていくの...詳細

回答者:人災です
回答日時:2011-06-15 13:08:42

この回答の満足度 ★★★★★
雨水が下水に流れて、それが汚水処理場に貯まった可能性もありま...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-09 20:11:15

この回答の満足度 ★★★★★
東京も汚染されてますね・・・。心配です。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-09 17:34:07

この回答の満足度 ★★★★★
ヤバイですね。都民なので心配です。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-09 11:59:44

この回答の満足度 ★★★★★
東京も汚染されてるということです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-09 10:52:38

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ