Sooda!
 閲覧数:128
日本経済は、順調に回復していますか。


生活保護受給が200万人突破 戦後混乱期と並ぶ 震災が拍車
2011.6.14 21:27
全国の生活保護受給者が今年3月末時点で202万2333人となり、戦後の混乱期だった昭和27年度以来、59年ぶりに200万人を突破したことが14日、厚生労働省の集計で分かった。受給世帯数は145万8583世帯と、過去最多を更新した。

年度の月平均で最も多かったのは、統計を取り始めた昭和26年度の204万6646人。次いで27年度の204万2550人。以降は200万人を下回っており、3月の数値は当時に迫る水準となった。

また、厚労省は東日本大震災の被災者の生活保護についても集計した。3月と4月の生活保護申請件数は計757件で、生活保護を開始したのは549世帯だった。保護開始が最も多かった被災地は福島県で335世帯。次いで宮城116、茨城58、岩手31。相談件数は2019件に上っており、今後、受給世帯が増える可能性が高い。

被災地の新規受給では、就労できる年齢層が世帯主となっているケースが268世帯と多く、一家の“大黒柱"が、震災で働く場所を失った影響が出たとみられる。以下、高齢者世帯(122)、障害・傷病者世帯(112)、母子世帯(47)と続いた。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110614/trd11061421280023-n1.htm

質問者:白川総裁
質問日時:2011-06-14 23:35:40
カテゴリ:マネー>その他

ベスト回答
回復どころが減退しています、肝心の政治がこの3ヶ月間政治が全く機能していないからです。
災害を経済立て直しの起爆剤に出来るチャンスを、復興費の明示ををしない、ビジョンさえ無いから計画ができない。
菅総理の責任は重大で、何故阪神淡路の教訓で作られた「非常事態宣言」を発動しなかっアノか?東日本大震災は阪神淡路以下だと判断したのか、最も違法政治献金で吊るし上げられていたさなか、自信となり、もみ消すために14日に返金するなど、総理としてあるまじき行動、震災よりも保身が重要と言える行動をするような人が総理な訳で、国民の事など考えている訳がない、なにしろこの問題で裁判になれば、政治家失脚は免れない、と言うのも総理の権限を使ってもみ消しをしているからです、前原誠司外相はを数日前に外国人違法献金で更迭した本人が、同じ犯罪をやっているのにですよ。
そんな人間が、景気回復など不可能でしょう、そりゃまあ経済活動が一時中断したのがある程度戻りはしましたが、回復とは言えないのではないでしょうか。
あれほど買い込んだトイレットペーパー、レトルト食品、乾電池、これらはしばらくは売れ行きが激減でしょう。

回答者:匿名
回答日時:2011-06-15 09:25:37

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/22件中
回復は、あまり順調とは言っていません。まだまだ困難です。詳細

回答者:かぷ
回答日時:2011-06-21 22:45:28

この回答の満足度 ★★★★★
残念ながら、順調に回復してないですね詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-21 20:16:07

この回答の満足度 ★★★★★
回復の先は遠いです。頑張らなくてはなりませんよ。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-21 19:05:21

この回答の満足度 ★★★★★
日本経済は、明らかに後退しており、回復に見込みは無い。震災に...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-19 20:39:48

この回答の満足度 ★★★★★
日本の経済としては後退しています。私が努めている会社はリーマ...詳細

回答者:バナージ
回答日時:2011-06-18 18:50:44

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ