Sooda!
 閲覧数:51
非常事態時においては、個人の権利は最大限に制限されるべきだと思いませんか?

被災地にボランティアに行った人のお話ですが、ガレキ等の撤去(?)をしたそうで、、、
個人の所有物や瓦等々、それぞれの区分に分けて寄せなければならず、半日かけても数メートルしか仕事ができなかったそうです。

そのボランティア参加した人は、
こんな、ちんたらやってて、いつ撤去が終わるのだろう?と思ったそうです。

確かに、写真や小さいころの衣服には思い出もあるでしょう、、、
貴金属などは被災者にとってのささやかな財産になるでしょう・・・

しかし、こんな非常時です。

個人の財産権は最大限に制限し、津波で一軒だけ残ったような建物も撤去して、一気に工事を進めると言ったようなことをしなければ、いつまでたっても復興できないのではと思うのです・・・

1、最大限に制限されるべき。

2、制限されるべきとは思うが、国家の都合の良いように利用されそう。少なくとも現在の政権は信用できないので賛成できない。

3、非常時であっても、個人の権利は守られるべき!

4、ここからここまでの土地はウリの家だったのに、全部流されてしまったニダ <丶`∀´>

質問者:初戦挑戦
質問日時:2011-06-15 12:43:33
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>政治・法律・行政

ベスト回答
この選択肢なら
1、最大限に制限されるべき。

だと思いますね。

確かに仰る通りある程度の制限は必要かもしれません。でも個人の権利も同時に大切にした方が時もありますし個人にかえした方がいい物が見つかる場合もありますから…。
最低限度の権利を確保するだけでいいと思います。

たとえば個人が特定できるようなもの(通帳や保険証に印鑑に土地の権利書・車など)に限るとか、後々必要になるであろうものくらいは確保してあげてもいいと思います。
欲を言えば位牌なども見つかれば区分けしてあげてもいいと思います。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-16 14:30:15

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
1、最大限に制限されるべき。 そうしないと同じ事の繰り返しに...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-15 20:16:37

この回答の満足度 ★★★★★
非常時という名のものとに何でも大雑把に進めようとするのは、全...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-15 13:22:04

この回答の満足度 ★★★★★
1、最大限に制限されるべき。 この非常時です。 一刻も早い復...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-15 13:01:45

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ