Sooda!
 閲覧数:194
県庁に、こういう設備は贅沢ですか?

2011年6月16日
三洋電機、徳島県庁に太陽電池と蓄電用のリチウムイオン電池システムを納入
三洋電機は、徳島県庁に太陽電池と蓄電用のリチウムイオン電池システムを納入した。同県庁内に設置した太陽光発電システムで発電した電力を庁舎内のLED(発光ダイオード)照明に使うほか、発電電力をリチウムイオン電池にため、夜間に庁舎敷地内のLED街路灯や駐輪場のLED照明に利用する。

同県庁の駐輪場の屋根に、同社独自の出力210WのHIT太陽電池モジュール12枚と、出力192.4Wの 多結晶太陽電池モジュール64枚を取り付けた。合わせて14.8kW分、78枚となる。年間発電電力量は約1万6513kWhを見込む。発電した電力は、庁舎内に直接供給する系統と、リチウムイオン電池システムに蓄える系統に分け、庁舎内で12.3kW分を使い、蓄電用に2.4kW分を回す。

蓄電用リチウムイオン電池システムは、1.6kWhのシステムを4ユニット導入した。ノートパソコンなどで使われる円筒形の18650サイズの電池312本で1つのユニットを構成している。庁舎敷地内の街路灯、駐輪場の夜間照明の電力に使うほか、災害発生時の非常用電源に活用。電池システムはACコンセントを搭載し、携帯電話をはじめ外部の機器に電力を供給できる。

三洋電機は3月に同県が3カ所に設置したソーラー駐輪場にも、太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池システムを納入した。リチウムイオン電池の拠点が同県松茂町にあることから三洋電機は、同県などと産学官連携でリチウムイオン電池を活用した地域産業活性化への取り組みを展開している。県庁への納入を機に、今後も太陽電池とリチウムイオン電池を組み合わせたシステムの開発を進める。(日経BP環境経営フォーラム) http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20110616/106684/

質問者:太陽の陽子
質問日時:2011-06-17 01:49:29
カテゴリ:暮らし>公共施設・機関>役所・手続き

ベスト回答
今かかった費用だけでなく今後のメンテナンス費用も勘案して安くすむなら、贅沢ではありません。
またこの対価がメーカーの研究費に回り、より効率的でより安価な製品が開発されれば、一種の公共投資となるでしょう。
今だけを切り取っての判断は難しい。

回答者:ぐーたら
回答日時:2011-06-17 11:35:25

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/16件中
贅沢ではないと思いますね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-23 19:39:27

この回答の満足度 ★★★★★
贅沢ではないと思います。イザという時に役にたちそうです。詳細

回答者:とくめい
回答日時:2011-06-23 10:40:52

この回答の満足度 ★★★★★
贅沢ではないと 思います。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-18 22:27:51

この回答の満足度 ★★★★★
国や自治体が率先して進めるべきでしょう。贅沢ではないですね、...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-18 08:30:32

この回答の満足度 ★★★★★
あまり、贅沢に思いません詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-17 20:37:01

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ