Sooda!
 閲覧数:538
富山・立山の「雪の大谷」というのがあります。500mにわたって道路の左右が高さ10mくらいの雪の壁になっています。

これは人工的に雪を固めて壁を作っているのでしょうか。それとも、もともとそういう地形で、表面に雪が積もって固まったという感じなのでしょうか。

ここの道路は4月から6月まで一般に開放されているそうですが、テレビで見るたびにいつも疑問に思うので質問しました。

質問者:soodaくん
質問日時:2011-06-18 19:59:16
カテゴリ:地域情報・旅行>国内>観光地・名所

ベスト回答
あれはですね、GPSで道路がここにあるだろうと言う事で、除雪車(ブルドーザー?)で舗装された道路の上を除雪していくんですよ。
豪雪地帯なもんで除雪された雪が道の両脇に積み重ねられて行って、結果的に雪の壁になります。
地形的なものではないですね、除雪された結果取り除かれた雪が積み重ねられて壁になっただけの話です。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-18 20:27:25

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。除雪車で除雪しているのですね。確かに雪の壁はきれいで人工的ですね。

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
豪雪地帯では雪解けが待てないのでブルトーザーで道路の部分...詳細

回答者:雪の回廊
回答日時:2011-06-18 23:57:54

この回答の満足度 ★★★★★
「立山連峰の玄関口、室堂から始まる雪の大谷ウォークは4月始め...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-18 22:30:49

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ