Sooda!
 閲覧数:211
韓国には仮設住宅でもお世話になって感謝ですが、国内の仮設住宅があまっているとのこと。これは東海地震に利用する為にとっておくという戦略でしょうか。

仮設住宅用「合板不足」に業界反発 政府の「批判かわし」の声も 2011.4.17、産経新聞
(一部抜粋) http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110417/biz11041706380001-n1.htm

「いったい、どうして輸入拡大なんていう話になるのか。われわれは被災分を差し引いても、国産合板は十分なボリュームがあるはずなのに…」

東北沿岸で津波被害にあったある合板メーカー幹部は、5日に大畠章宏国土交通相が示した合板などの輸入拡大方針に疑問を呈し、「自分たちが迷惑をかけているようで悔しい」とつぶやいた。

発端は、5日に行われた大畠国交相と住宅メーカーの業界団体、住宅生産団体連合会(住団連)の幹部との会談。大畠氏は「仮設住宅の建設で合板などがだいぶ不足している」といい、業界に買い占めや売り惜しみ監視などを要請、他省庁と連携した法的な取り締まり強化にも言及した上で、「海外の協力を求めても資材調達する道も考えたい」と輸入拡大方針も伝えた。

政府は住宅業界などに、5カ月で計6万戸の仮設住宅の建設を要請している。建設に不可欠な資材が不足しているのなら、政府の対応も当然だ。しかし住団連の幹部は会談後、「合板などの資材は手配できている」と政府の方針に首をかしげた。

ここでいう合板は薄いベニヤ板ではなく、厚さ1センチ以上、幅90センチ、長さ180センチにもなる床や壁に用いられる「構造合板」を指す。以前は輸入が多かったが、最近は技術革新により国産合板のシェアが45%程度まで拡大、業界はシェア50%超えを目指していた。こうした背景もあって、震災を機に輸入が増えることに業界の抵抗感は根強い。
…(略)…
実際、国交省の事務方からも「大臣(大畠国交相)がいうような資材不足の情報は確認できていない」との声も漏れてくる。

輸入拡大や買い占め監視まで持ち出す大畠氏の意図について、ある業界関係者は「仮設住宅の建設が進まないとの批判をかわすため、あえて資材不足を持ち出したのではないか」と勘ぐる。
…(略)…
「候補地のリスト化はかなり進んでいる。あとは政治判断だけ」(国交省)だが、目立った進展はみられない。仮設住宅の建設がなかなか始まらないことに、被災地では「政治はいったい何をしているのか」との批判の声もあがっているという。
仮設住宅に入居し、部屋でテレビを見る家族。一刻も早い住宅建設が望まれる=4月11日、岩手県陸前高田市
仮設住宅に入居し、部屋でテレビを見る家族。一刻も早い住宅建設が望まれる=4月11日、岩手県陸前高田市



この4月17日付産経新聞記事から分かるように、4月5日の時点で既に仮設住宅用資材は国内住宅メーカーで十分に調達可能な状態となっていたが、大畠国交相ら日本政府はなぜか輸入をしたくてしょうがない様子で事実無根の「資材不足」を主張していた。

今考えると、この時既に日本政府には仮設住宅の資材を韓国から大量に輸入する政治的悪意があったように思える。



4月17日付産経新聞で上の記事が掲載されたためか、翌日の4月18日になると民主党は仮設住宅を10万戸に増やすと言い出した!
●4月18日

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110418/plc11041816280016-n1.htm
【東日本大震災】
仮設住宅10万戸に拡大 民主、補正修正案提示
2011.4.18 16:23、産経新聞

民主党の玄葉光一郎政調会長は18日、国民新党の亀井亜紀子政調会長と国会内で会談し、東日本大震災の復旧・復興に向けた平成23年度補正予算案の修正案を提示した。当初7万戸としていた被災地の仮設住宅経費を2万戸増やし、22年度予備費で建設する1万戸と合わせ計10万戸に拡大するなどとしている。
(以下略)
岩手県宮古市の避難所近くにあるグランドでは、急ピッチで仮設住宅が建設され、敷地内ではこいのぼりが風に舞っていた=4月14日
岩手県宮古市の避難所近くにあるグランドでは、急ピッチで仮設住宅が建設されいた=4月14日



こうなった理由は、「この時点で民主党は正確な需要を把握していなかった」というより、「最初から政府・民主党は何が何でも韓国から住宅資材を購入しようとしていた」と考える方が辻褄が合う。

次の朝日新聞の記事もそのことを裏付けている。
●4月27日

http://backupurl.com/oj9kyi
用地不足解消に2階建て仮設住宅 海外製を輸入へ
2011年4月27日9時54分、朝日新聞

東日本大震災の被災地に、海外メーカー製のコンテナ式2階建て仮設住宅が数千戸できる見通しになった。国土交通省が輸入業者を募り、数十社が名乗りをあげた。用地不足のなか、国内メーカー製の平屋建てよりも、効率よく土地を使える利点がある。

中国や韓国、タイなどのメーカーが意欲を示している。国内製仮設住宅は壁や床を被災地に運んで組み立てるのが一般的。海外製はコンテナごと輸入するので建設に人手や時間がかからない。ただ輸送費が割高なため、1戸あたりの建設費用は国内製と同程度の約400万〜500万円する。
(以下略)
コンテナ式の2階建て仮設住宅=寺田倉庫提供
コンテナ式の2階建て仮設住宅=寺田倉庫提供



4月中旬には「候補地のリスト化はかなり進んでいる。あとは政治判断だけ」(国交省)となっていたのに、4月下旬になって用地不足を理由に支那や韓国やタイなどからの仮設住宅輸入することにした。

輸送費が割高なため、1戸あたりの建設費用は国内製と同程度の約400万〜500万円であるにもかかわらずだ。

やはり、政府・民主党などは、最初から輸入ありきだったと考えて良い。

売国奴まっしぐら!




●4月末
4月末、ようやく政府は、既存のアパートを借りても仮設住宅として認めて補助金を出す「みなし仮設住宅」制度を導入した。

ちなみに自民党は3月22日の時点で、次のように提言していた。
――――――
自民党の震災対策に対する提言
3月22日
(一部抜粋)
つなぎ措置として、全国の公営住宅や民間賃貸住宅等を活用するため、需給を正確に把握する組織を整えるとともに、その費用を国が全額負担する事を明確にする。
――――――

震災から50日、自民党の提言からも40日も過ぎて、4月末にようやく「みなし仮設住宅」を認めたことに被災者たちも呆れている。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110616/trd11061621570029-n1.htm
【東日本大震災】
「みなし仮設」急増、2万4千戸超える 補助金運用改善で
2011.6.16 21:55、産経新聞

東日本大震災で、被災者が探した民間賃貸住宅を仮設住宅として認めて補助金を出す「みなし仮設住宅」制度の利用者が急増している。すでに岩手、宮城、福島の被災3県などで2万4千戸を超えており、建設予定のプレハブ仮設住宅5万1千戸の半数に迫る勢いだ。被災者のニーズに合致したようだが、導入は震災から50日も過ぎた4月末で、「もっと早く実施すればよかった」との声も出ている。
(以下略)



既存のアパートを借りるほうが便利という被災者が多いのに、どうして政府・民主党は4月末まで、既存のアパートを借りても仮設住宅として認めて補助金を出す「みなし仮設住宅」制度を導入しなかったのか?

馬鹿だから?

それとも、韓国や支那から仮設住宅の資材を輸入するため?




●5月3日

http://j.people.com.cn/94475/7369926.html
広東省東莞製のプレハブ住宅 日本の被災地へ
2011年5月4日「人民網日本語版」

広東省東莞市麻涌鎮政府は3日、同市で生産されたコンテナ5個分のプレハブ住宅がこのほど通関、東日本大震災の被災地・福島県に送られたと明らかにした。「中国新聞社」が伝えた。
(以下略)



とうとう支那からの輸入が始まったか…

4月初めから「十分な住宅資材がある」と訴えていた国内住宅メーカーは、どんな気分だろう?





そして、6月12日になると、にわかには到底信じられないニュースが!

●6月12日

http://www.segye.com/Articles/NEWS/INTERNATIONAL/Article.asp?aid=20110612002332&subctg1=&subctg2 =
日本被災者用仮設住宅注文のために訪韓 広常良雄会長
2011.06.12 19:05、SEGYE.com(世界日報)

日本「リングコストレイディング」の広常良雄(69)会長。彼は大地震と原子力発電所災難で疲れる日々を過ごす日本の被災者へくつろぎの場所を作るために東奔西走する日本人事業家だ。

彼は7万軒以上の仮設住宅を韓国企業に注文するために訪韓した。 韓国・日本にある過去の歴史の痛い傷にもかかわらず、日本の大災難に支援を惜しまなかった韓国人に報いるためという次元である。

広常良雄会長は12日、リッツカールトン ホテル ソウルで世界日報の記者と会い、韓国と新しい「縁」を積み重ねるために来たと強調した。 声には力があり情熱に溢れていた。

彼が話す縁というのは特別なものではない。 韓国との間にある沈殿物を払いのけて、民間次元での粘着力のある協力に進む踏み台となるという感じだ。

「まず頭を下げて深く感謝申し上げます。 日本と韓国間の過去の色々な良くない記憶を越えて、苦境に立たされた日本国民を助けてくれた韓国人の勇気に敬意を表わします。 そして日本国民の一人として小さなお礼でもするのが道理だと思いました。」

彼は品質の良い米国やカナダ、台湾産または値段が安い中国製品を拒んで韓国で仮設住宅数万軒を注文するといった。

苦痛を受ける日本東北地方被災者が臨時で入って住む家を注文しに来たというもの。 「事業家としての利潤の前に、韓国との縁を結ぶために駆け付けた」とした。

「気立てが優しい彼らをあの世の中に送り、一日一日をかろうじて生きていく私たちの国民を見ると切なくなります。 熱い夏の日、家族皆が学校の講堂や村の公民館のような集団収容所でまともに食べることもできないまま一緒過ごすのを見ると胸が痛いです。」

彼が運営する企業は住宅とは距離がある太陽光発電などクリーンエネルギー分野が主力だ。

だが、誰よりも先に韓国を数回訪問して、仮設住宅関連パートナーを求めて通う苦労を自ら要望した。

広常良雄会長と参謀たちは韓国産資材の品質と技術力を評価し検討した上で、韓国で最も多い物量を輸入すると決心した。 日本の地方自治体が発注した7万余軒の中で相当部分を韓国から持っていくことにしたと言う。

「日本には家を失って絶望している住民たちがまだ20万人以上もなります。」

彼は来週から順に慶南、金海に所在する(株)デギョエンジニアリング(代表ナム・サングォン)、ポスコ取り引き企業等と正式に輸入契約を締結する予定だ。

広常良雄会長は1995年、阪神大地震当時にも民間と一緒に発足した「阪神淡路災害復興協会」の事業本部長を引き受け、災害復旧事業に満遍なく参加した経験を持っている。

当時彼は韓国から500軒以上を注文して供給したほど、韓国の業者を信用していると繰り返し明らかにした。

「日本政府がもう少し迅速で決断力を持って復旧方案を樹立していたならば、仮設住宅の供給
みんなへのお礼
これは誤報だったのでしょうか。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000020.html

質問者:匿名
質問日時:2011-06-19 12:27:20
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
感謝なんかしませんよ。
民間アパートなどをみなし仮設として認可したため、
今となっては国内発注分も余ってキャンセル出てるそうですから。
それでなくても、沿岸部には建築場所が限られてるのに。

どうして韓は独りよがりなんだろう。
どうして後手後手なんだろう。
どうしてこんな時期に国内産業を活発化させないんだろう。
被災者対策一つさえまともにできないんだろう。
やっぱり売国政権だった…。

回答者:やっぱりだめ管
回答日時:2011-06-19 22:07:56

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/10件中
やはり新政権あほとしか言いようがないでも合板が足りなくて友人...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-21 11:45:19

この回答の満足度 ★★★★★
最悪ですね。日本がつぶれてしまいます本当に恐ろしいです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-19 21:27:19

この回答の満足度 ★★★★★
国益や被災地支援より優先することがあるとは思えないのですが、...詳細

回答者:許せません
回答日時:2011-06-19 20:50:34

この回答の満足度 ★★★★★
違うと思います。感謝もしてないです。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-19 20:35:49

この回答の満足度 ★★★★★
売国奴です。テレビで報道しませんが国民は気付いているのでし...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-19 19:14:27

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ