Sooda!
 閲覧数:68
また、40m近い津波はやってくるのでしょうか。前回は115年前だったようですが、それでも低地に住むのが現実的ですか。

「ゲラー教授は論文で、東日本大震災で津波の被害を受けた東北地域では過去にも巨大津波が2度発生していたと指摘し、沿岸部の原子力発電所はそうした津波にも耐えうる構造に設計すべきだったと批判。1896年の明治三陸地震で起きた津波は最大38メートルに達したほか、869年の貞観地震の発生時でも東日本大震災と同等の津波が観測され、明治三陸津波では2万2000人が犠牲になったとしている。」

「1カ月以上にわたって放射線物質の流出が続く東京電力福島第1原子力発電所は、最大6メートルの津波を想定して設計されており、3月11日に観測された14メートルだけでなく、過去に発生した大津波の高さを下回っている。

「同教授は電話取材で、「この地域ではこれまでに発生した大規模な津波の記録が多数残っている」とし、すべては東日本大震災で福島原発を襲った津波を防ぐには十分な大きさだったと強調した。「(高い津波が)以前にも発生していたことはよく知られており、記録もある。原発設計時には想定する津波の高さを過去と同レベルに設定すべきだった」との見解を示した。」

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-6b00.html

質問者:人災
質問日時:2011-06-23 22:59:18
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
いいかげんに浸水地域に住まないで欲しいですね。
国費=多くの国民の血税なんですから。
自分たちの都合ばかり言わないでほしい。
当然、発電施設も危険があるところにはつくらない、動かさないです。

温暖化など地球は荒れまくっています。
一層の天変地異があってもおかしくない。

回答者:丘の上に住んで
回答日時:2011-06-24 00:02:48

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/11件中
また、いずれ来るでしょうそれが明日なのか100年後なのかはわ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-30 22:51:12

この回答の満足度 ★★★★★
可能性はないとは言い切れませんね。しかし、地震が起こらない限...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-30 17:53:50

この回答の満足度 ★★★★★
いいえ、低地にはもう住んではいけません。土地に愛着はあるでし...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-25 17:59:06

この回答の満足度 ★★★★★
自然災害ですから、「ない」とは言い切れません。いつかやってく...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-24 08:59:22

この回答の満足度 ★★★★★
また40m級波はやってきます。津波避難ビルを各所に置けば良...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-06-24 07:51:15

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ