Sooda!
 閲覧数:268
ラップ口座とは何ですか?解り易く教えてください。
みんなへのお礼
ご回答有難うございました。
質問から30分以上経過し、十分納得の行く回答も戴きましたし、後続の回答も途切れたようなので終了とさせて頂きました。(終了時間・0:33)
有難うございました。

質問者:匿名希望
質問日時:2011-06-27 00:02:23
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>経済・産業

ベスト回答
ラップ口座(らっぷこうざ)
ラップ口座とは、証券会社が投資家から一任された資金を株、債券、投資信託商品などにより運用することのできる口座のこと。

資産運用のアドバイスや株式の売買注文などを一括して提供するサービスのことであり、投資家は、資産残高に応じて手数料を支払う。手数料の中には、売買手数料やアドバイス料などがトータルで含まれていることから、ラップ口座と呼ばれるようになった。証券会社にとっては、手数料稼ぎのための株の売買をしなくても収益を確保できるが、アドバイス力や運用力が試される
http://kw.allabout.co.jp/words/w000101/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E5%8F%A3%E5%BA%A7/
===補足===
資産運用や口座管理などを証券会社などに一任する口座サービス。通常の株取引などでは手数料は売買ごとにかかるが、ラップ口座の場合、契約資産残高や運用実績などに応じて決まる。富裕層が主な対象で、売買手数料や口座管理料などは一括して徴収される
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yougo/000394.htm
ラップ口座の「ラップ」とは「包む」という意味です。そう、あのサランラップの「ラップ」と同じです。
口座管理とともに資産運用など幅ひろい金融サービスを包含(つまりラップ)していることから、ラップ口座と名づけられたのでしょう。
ラップ口座の特徴を挙げてみます。
■資金を専用のラップ口座に預け入れる
■ラップ口座の資産の運用は、専門の運用会社が行う
■口座の管理とともに、資産運用と運用報告などの金融サービスがセットされている。
詳しくは
http://gon.sioji.net/
ラップ口座のメリット
日本の証券会社は以前過度な営業や回転売買を勧めたりして顧客に損害を与えたことがあります。未だに証券会社に悪いイメージを持たれている方も多いと思います。このラップ口座も回転売買の温床になるのではないかと危惧される方がおられるかもしれません。
ラップ口座は、証券会社も顧客も双方にメリットになるしくみがあります。顧客メリットを中心に説明します。
手数料
ラップ口座で顧客が証券会社に支払う手数料は、顧客の資産残高に応じた手数料と成功報酬が一般的です。
つまり、証券会社は回転売買しても売買手数料は入ってこないので、無駄な売買は無くなり、顧客資産の安定運用に力を入れることになります。
アドバイス
顧客は専門家から、自分のライフプランに適したアドバイスを得られます。
時間の有効活用
日頃はご自分の業務で忙しい方でも、投資タイミングは専門家に任せられます。投資結果は四半期毎に報告され、今後の運用プランを専門家に相談することもできます。
詳しく分りやすい
http://nenkin.yoyuu.com/500/ent344.html#wrap_towa

回答者:匿名
回答日時:2011-06-27 00:07:21

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
ラップ口座というのは、投資一任契約とも呼ばれるとおり、大ま...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-27 00:10:44

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ