Sooda!
 閲覧数:53
官展では初期は「日本画」、「西洋画」、「彫刻」の3部門で、1926年から「美術工芸」が加えられますが、これはなぜなのでしょうか?当時は産業とも美術ともいえる工芸に対し、美術の分野としては居場所を与えていなかったように思えますが・・・。このころになり、美術として認められた理由とは何でしょうか?

質問者:konn
質問日時:2011-06-29 17:23:47
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>芸術・言語・文学


↓↓現在集まっている回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ