Sooda!
 閲覧数:153
今の人は、漫画家界の徒弟制度では、似たような流れの絵やストーリーのDNAを師匠から弟子に語り継いで行くものですが、下記の流れは、どこかDNA変化だと思いますか。


(カッコ内は代表作)

●赤塚不二夫(天才バカボン・アニメテレビ化)

●とりいかずよし(トイレット博士)

●柳沢きみお(特命係長 只野仁・実写テレビ化)

●村生ミオ(サークルゲーム・実写映画化)

●国友やすゆき(幸せの時間)



※回答の理由やご自身の深い考えを詳しく多めに書いた人にはハート数で優遇します。

※そっけなく短い回答ならハート数を期待しないでください。

質問者:匿名
質問日時:2011-06-29 23:37:43
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>本・雑誌・コミック>コミック・漫画

ベスト回答
人の流れではなく、「バブル期」というタイミングでエロが前面に出て、そこで変容が現れた気がします。
柳沢きみお「DINO」
村生ミオ「サークルゲーム」
国友やすゆき「JUNKBOY」
この辺が連載されていた時期。

回答者:網棚の上の宝物
回答日時:2011-06-30 11:33:32

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
●柳沢きみお(特命係長 只野仁・実写テレビ化) です。えっ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-06-30 00:57:11

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ