Sooda!
 閲覧数:763
未だに解決していない、この中2少女が首吊り自殺をした事件を、どのように考えますか?

◇学校が両親に「いじめなし」/岩手中2少女自殺
<読売新聞の記事より>

岩手県一戸町の中学2年生の女子生徒(14)が自殺をした問題で、8日夜学校側は「いじめはなかった」と改めて両親に説明した。少女は「生きているのに疲れてしまいました。親孝行できないでごめんね」などと、両親あての遺書を残し自宅の部屋で首吊り自殺をした。

学校側は所属していたバスケット部の部員以外から、「少女がバスケット部の部長になった昨年7月ごろから『少女は悪口を言われていた』『口をきこうとしなかった人もいた』などの証言を得た」という。しかしその目撃回数が数回しかなく、「長期間にわたるものではない」と判断。

またホームルームや部活などで生徒にいじめの有無について聞いたが、証言する生徒はいなかったため、「うわさはあったが、いじめはなかった」と結論づけた。

しかしその後両親が調べたところ、同級生や保護者から「2、3人から無視されていた」「『死ね』と書いた手紙を受け取ったらしい」などの話を聞いた。 「いつも仲間外れ。学校いやです、死にたいよ」などと書いたメモも女子生徒の自宅の机の中から見つかったという。

学校側は、当時、担任が2度にわたって少女から悩みを聞き、部の顧問も部員を集めて、少女と「仲良くするよう」言い聞かせるなどして、「関係は良好になった」と主張している。

学校側は「いじめはなかった」との調査結果を改めて両親に伝え、「いじめの定義にもあてはまらない」と説明したが、母親は「これでは納得できない」と話した。

質問者:長ぐつをはいた猫
質問日時:2011-06-30 21:39:02
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
学校側の調査だけを信用するなら「いじめ」の事実を立証するものが
乏しいので「いじめ」はなかったと言えるのかも知れませんが、
自宅の机の中から、「仲間はずれ」という明確な問題であるメモが発見した
ことにより、「いじめ」が明らかに且つ、担任ないし顧問から指導したとはいえ
結果として自殺をしたことにより、自らの身をもって「いじめ」は解決していなかった
と考える方が自然です。
よって、学校側はこの"メモ"と"自殺をした"の2点から、「いじめ」はなかったとの説明を
撤回すべきだと思います。

回答者:匿名
回答日時:2011-07-01 13:58:40

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/17件中
いじめですね。学校側はいつも認めないですね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-07 20:47:13

この回答の満足度 ★★★★★
確実にいじめです。学校側は卑怯で、無責任です。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-07 14:20:57

この回答の満足度 ★★★★★
力の世界。。。。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-02 16:32:50

この回答の満足度 ★★★★★
力の世界。。。。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-02 16:32:49

この回答の満足度 ★★★★★
学校側が「いじめ」はなかったと言いたいのも無理はありませんな...詳細

回答者:野本
回答日時:2011-07-01 14:39:35

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ