Sooda!
 閲覧数:77
夏の季節家電は何故種類が少ないのですか?

冬はエアコン、こたつ、灯油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスストーブ、ガスファンヒーター、床暖房などいっぱいありますが
何故、夏はエアコンと扇風機しかないのか不思議です。
エアコン以外に涼しくなる製品を開発しようとはならかったんでしょうか。
みんなへのお礼
皆様ご回答ありがとうございました。

質問者:匿名
質問日時:2011-07-01 04:26:19
カテゴリ:暮らし>家電・AV機器・通信>キッチン・生活家電

ベスト回答
暖めるということは科学的にシンプルで、たき火で暖をとったり、囲炉裏で煮炊きをしたりと
電気やガスのない大昔でも行われています。
基本的には燃料(木、石油、ガス)を燃やして熱を取り出す、ただそれだけの反応です。
一方、冷やすということは逆に非常に困難です。
電力のない時代では、水の蒸発による気化熱ぐらいです。
エアコンや冷蔵庫など冷やすための電気機器が多量の電力と必要とするのもそのためです。

電気機器の専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、
おそらくこういったエネルギーの特性が関係していると思います。

回答者:匿名
回答日時:2011-07-01 04:45:11

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ご回答どうもありがとうございます。
たしかに、あったまるのは無人島でもできそうですね。。。(^-^;

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
熱を出すのは簡単ですが、熱を奪うのは高度な技術ですからね。な...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2011-07-01 11:02:12

この回答の満足度 ★★★★★
水の気化を利用したものせんすうちわすだれよしずがあります。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-01 09:01:33

この回答の満足度 ★★★★★
冷風扇という、水の気化熱を利用したのもあります。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-01 07:51:06

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ