Sooda!
 閲覧数:179
福島で大量の鼻血、下痢、倦怠感って、最近の子どもは弱くなったのでしょうか。

【子供に体調異変が始まっている。】

本日は、「子ども達の体にかつてなかったことが起こっている。」という報道をNPJ通信から抜粋でお届けする。
右記事切抜きは、原発から50キロ離れた郡山市で開かれた診察の様子である。

6月19日(日)、福島市のホリスティカかまたで、原発の放射能のことで悩むお父さん・お母さんと子ども達の健康相談会が開かれた。
子どもたちを放射能から守る福島ネットワークと全国小児科医ネットワーク(20名の医師、当日は11名参加)による医療や避難、食事などの相談会であった。
500人をこえる親と子どもの参加があった。

12時から、相談の途中の時間を割いて記者発表があり、母親代表の丸森さんと医師山田 真さんのスピーチがあった。
丸森さんによると、子ども達の体に異常が起きている。鼻血が出る、甲状腺が腫れる、今までにないだるさを訴える、入退院の繰り返し等である。
母親達が地元の小児科医に受診するが、このくらいの線量(報道では毎時1.5マイクロシーベルト。 実際はもっと高いころ、たとえば3ないし5マイクロのところもある)では、体に放射能を原因とする異常は出ないはずだというのが医師のリアクションだ。
母親のストレスが原因で、子どもに影響が出ると言われる例も少なくない。
だが、とにかく子ども達には今までにない変化が起こっている。

丸森さん達は、必死で相談にのってくれる医師を探した。そして、森永ヒ素ミルクの子ども達を新人ドクターの頃に診療し、 ヒ素ミルクによる身体への影響を突きとめた医師の一人である山田さんたちに行き当たった。
最近、低線量医療被曝の研究をしていることもわかり、丸森さんの相談にのってくれ、福島の子ども達を救え小児科医ネットワークが結成され、 この日の相談会となったという。

山田医師は語る。「子ども達の体にかつてなかったことが起こっている。低線量の継続被爆は、医療の世界で経験がないことだ。森永ヒ素ミルクのとき、乳幼児の体にミルクを通じてヒ素が摂取されるということは、新しい医療体験だったけれども、これも新しい医療体験である。ならば私たちは事実をみなければならない。」 山田医師は、マスメディアのインタビューに答え 「福島のものを食べようキャンペーンが地元で起きているが、子どもには福島の野菜を食べさせてはいけない」と静かな口調ながらはっきりと語っているのが印象的だった。

相談会の会場は、200人ほど入る大きなホールだったが、避難・退避相談コーナーもあった。

北海道、新潟、山形等福島の県外へ子どもを退避させたいという動きはずいぶんあるようだ。
子どもたちをまもる福島ネットワークの人達によると、福島県当局は、県外への子どもの退避に協力的ではなく、学校で相談すると校長が思いとどまるよう父母を強く説得する事例もあるという。
子どもを育てている父母の親世代、周辺地域との葛藤もある。
政府や地方自治体が「県外退避も有力な選択肢の一つ」と公に表明することが急がれる。

会場には、マスメディア各社の取材陣、遠くはジャカルタから来たというアルジャジーラの取材陣の姿もあったが、共同通信以外、全国ネットでは報道されなかったようだ。
これでいいのか。

福島の子ども達を救え小児科医ネットワーク
http://bit.ly/jwwULp

http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?n=110492

質問者:原発っこ
質問日時:2011-07-03 10:37:35
カテゴリ:美容・健康>健康管理>病気・症状

ベスト回答
多分環境の急激な変化によるストレスと疲れからきているものでしょう。
原爆が投下されたのならば、まだしも内部被ばく等でも同じような症状が出る事もありますが、今まで発表されたデータから見たら、こんなに早く内部被ばくの症状が出るとは思えません。
小児科医ネットワークの先生方は広島・長崎の原爆投下による内部被ばくの件について勉強してから福島に行かれたのでしょうか?
そうだとしたら、情けないデータしか参考にしていないって事ですよね。
もう一度勉強し直して来い!!と思います。

最近は肺のレントゲンを取って肺炎かどうかわからない小児科医もいる時代です、そんなダメダメ小児科医が沢山いるのですから、この発表に関してはちょっとまゆつばモノです。

低線量の継続被爆による被害がたかだか100日ちょっとでわかるものでしょうか?
内部被ばくによる被害の研究は30年〜50年経たないとわからないとまで言われているんです。
データがない今何だかなとも思いますよ。
チェルノブイリの事故の時だって甲状腺がんの子供が増えたと言うのは事故が起きてからかなりの時間が経ってからでした。

なので信用出来ないと言うのが本音です。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-03 11:29:48

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
放射能は全く安全なのですね。安心しました。

↓↓その他の回答 1〜5件/18件中
放射能でしょうか。。。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-10 05:10:17

この回答の満足度 ★★★★★
最近の子どもは弱くなったのではなく、放射能による有害物質によ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-09 17:30:29

この回答の満足度 ★★★★★
放射能の可能性が高いと思います。時代とか関係ありません。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-09 12:49:40

この回答の満足度 ★★★★★
放射能の可能性が高いと思います。時代とか関係ありません。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-09 12:49:38

この回答の満足度 ★★★★★
時代に合った子供が成長しているのだと思います。詳細

回答者:トクメイ
回答日時:2011-07-04 08:36:05

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ