Sooda!
 閲覧数:42
100歳を超えるお年寄りが多い長寿村と呼ばれる地域は、山間や離島の辺鄙なところがほとんどせす。
食べ物や、水、空気などがよくその理由に挙げられますが、私の説はこうです。
過去食糧難の時期があり、十分に栄養が取れなかった。そのため、遺伝子レベルの長寿スイッチがONになった(そのような時は乳幼児の生命が危うくなったて種の保存が難しくなるので少年以上の寿命を延ばして存続に結びつける)。
皆さんはどう思いますか。
ちなみに遺伝子的には、もっと長寿が可能だけど適当に早死にさせているということでしょうね。

質問者:ハウル
質問日時:2011-07-03 13:48:45
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>生物・動物・植物


↓↓現在集まっている回答 1〜3件/3件中
生活や人間関係や仕事などの絶対的なストレス量が少ないんだと思...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-03 16:58:52

この回答の満足度 ★★★★★
>山間や離島の辺鄙なところがほとんど自分自身で動かなければ・...詳細

回答者:kingofitou
回答日時:2011-07-03 16:24:12

この回答の満足度 ★★★★★
http://sooda.jp/users/77278/qu...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-03 14:14:27

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ