Sooda!
 閲覧数:131
今の人は、チャンピオン経験者のだと好きなドライバーは?


セナ

プロスト

マンセル

マイケル・シューマッハー

ヒル

ヴィルヌーヴ

ハッキネン

アロンソ

ライコネン

ハミルトン

バトン

ベッテル

アントニオ

タイガー



※回答の理由やご自身の深い考えを詳しく多めに書いた人にはハート数で優遇します。

※そっけなく短い回答ならハート数を期待しないでください。

質問者:匿名
質問日時:2011-07-06 01:09:20
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>スポーツ・アウトドア>相撲・格闘技

ベスト回答
F-1チャンピオンとプロレスチャンピオンがいるようですが

好きなドライバーを選べとなるともう使い手がでないだろうと思われるアントニオ・ドライバーが好きです
元になった技はフロント・ネックチャンスリー・ドロップです
フロント・ネック・チャンスリーの体勢からそのままブリッジの要領で後方に投げる技です
アントニオ猪木が東京プロレス時代のフィニッシュ技で、新日本プロレスのかなり前半まで使われていた技です
所謂強力なブリッジが出来ないと出せない技ですね
かなり腰に負担がかかる技で、アントニオ猪木が腰を痛めた原因とも言われた技です
ブレーン・バスター等の投げ技と違いフロント・ヘッドロック、フロント・チョークの状態から強引にブリッジのように反り投げで投げるので腰の負担がかなりあります
それまではジャーマン・スープレックスも使っていましたがアントニオ・ドライバーで腰を痛めてからは使う機会も減ったくらいです
以降フィニッシュ技がコブラ・ツイストや卍固めに移行することになりました
アントニオ・ドライバー自体も僅か数年足らずで封印せざるをえませんでした
もし アントニオ・ドライバーを東京プロレス時代にフィニッシュ技で使用していなければ
猪木のジャーマン・スープレックスはもっと観れたかもしれません
アントニオ・ドライバーと同じフロント・ネック・チャンスリードロップの使い手も今では
もういない状態です 山崎一夫や中島勝彦が一時使ってましたがやはり腰を痛めてしまい封印してしまいました
初代タイガーマスクも同じくタイガー・ドライバーとして使ってましたが同じく腰に負担がかかるのでわりと早めに封印してました

あと亡き三沢の2代目タイガーマスクのタイガードライバーはパワーボム系でした

F-1ドライバーの方でしたら 天才、史上最速のF1ドライバー、音速の貴公子と呼ばれ
ていたアイルトン・セナが好きです
セナ、プロスト、ピケ、マンセルのライバル関係時代が面白かったですから

回答者:匿名
回答日時:2011-07-06 07:58:49

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/16件中
セナが好きです。興味をもちよく観ていました。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-07 18:28:17

この回答の満足度 ★★★★★
セナ。です。死んだからなのかとにかく思い出す。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-06 12:11:31

この回答の満足度 ★★★★★
セナですね。今でも大好きですしあの頃のF1が一番よかった気が...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-06 08:18:45

この回答の満足度 ★★★★★
タイガー です。佐山は天才だったので。 タイガードライ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-06 07:56:59

この回答の満足度 ★★★★★
アイルトン セナが一番好きです。カッコよくとても魅力的でした...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-06 07:43:38

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ