Sooda!
 閲覧数:105
国民を被曝させたい人はいますか。なんとかごまかせば、気分的に楽になるので隠蔽ですか。


汚染牛肉を「安全」という専門家

また、基準値以上の牛肉を食べても「健康に影響がない」という専門家が現れました。

2011年7月12日、朝7時のNHKニュースに登場した何とか研究の権威の先生で、彼は、

「1日500グラムの牛肉を200日食べたら1ミリシーベルトになるので、汚染牛肉食べても健康に影響はない」

と言っていました。

放送するNHKもNHKですが、こんなことを言う専門家も専門家です。
・・・・・・・・・
問題点の1

この計算は「足し算が出来ない専門家」の計算です.
人間は、空間、水、主食、副食、おやつ、ホコリ、運動などから被曝するので、それぞれの基準は合計した1年1ミリシーベルトの10分の1ぐらい(0.1ミリシーベルト)にしなければなりません.
また、副食と言っても、牛肉、豚肉、鶏肉、卵、ほうれん草、小松菜、にんじん、タマネギ、ゴボウ、ジャガイモ、ネギ・・・など少なくとも10種類はありますから、一つ一つの被曝はさらに10分の1が一つの目安です(0.01ミリシーベルト)。
このような考え方はすでに食品安全の領域では普通です。そうすると、

「1年に500グラムを200日」

というのが、

「1年に50グラムを20日」

となり、これは現実に食べる量より少ないので、危険な牛肉になります。
つまり、被曝計算をするときには、生産者側から(牛肉だけ)ではなく、消費者側から(一日に食べる量全体と外部被曝など)計算しなければなりません。
専門家やNHKが被曝側にたって計算してくれるのはいったい、何時になるのでしょうか?
福島原発事故が起こってから、日本政府は終始、事故を小さく見せることに力を注いできました。
でも、報道の自由をもっている報道機関、学問の自由で守られている研究者が、なぜ政府に追従して、国民を被曝させようとするのでしょうか?
(平成23年7月12日 午後4時 執筆)
http://takedanet.com/2011/07/post_93a0.html

質問者:匿名
質問日時:2011-07-12 22:22:57
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
要するに年間1トン食えば影響が出るとNHKの解説者様は仰っているわけだ。
で武田さんは他の食材や環境も勘案して物を言えと噛みついているわけだ。

現実離れした例を出してNHK側が言いたかったことは「牛肉が主犯になり得ない」でしょ。
1年に50グラムを20日ったって牛肉喰わない分他で喰ってる人も間違いなくいる。
他喰わない分100グラム喰ってる人もいる。
あまり突き詰めちゃうと個人差ってモノも出てきて説得力なくなるよね。

また、汚染牛肉は今後流通はしにくいと思う。その側面からしても牛肉に過敏になる必要はなかろうて。

今回は、武田さんが過敏すぎ。

回答者:ぐーたら
回答日時:2011-07-13 13:05:45

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
国民が被爆しても自分には関係ないということでしょうか。おかみ...詳細

回答者:疑心暗鬼
回答日時:2011-07-15 22:00:58

この回答の満足度 ★★★★★
国民を被曝させたいと思っているのは電力会社の人間とその利権に...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-13 15:53:11

この回答の満足度 ★★★★★
自分だけ良ければそれでいいっていう人が、このような職務につい...詳細

回答者:それでも日本が好きっていつまで言えるかな
回答日時:2011-07-13 09:00:23

この回答の満足度 ★★★★★
政府が先導して被曝させているようですし、それに手を貸している...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-13 02:29:16

この回答の満足度 ★★★★★
専門家であろうと狂った人はいるもんです。でも、健康に影響はな...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-13 00:27:05

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ