Sooda!
 閲覧数:326
リーン生産とは何ですか?解りやすく教えてください。
みんなへのお礼
ご回答有難うございました。
質問から30分経過し、十分納得の行く回答も戴きましたので終了とさせて頂きました。
(終了時間・0:32)
有難うございました。

質問者:匿名希望
質問日時:2011-07-25 00:00:18
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>経済・産業

ベスト回答
1980年代に、マサチューセッツ工科大学(MIT)のジェームズ・P・ウォマック(James P. Womack)、ダニエル・T・ジョーズ(Daniel T. Jones)が、日本の自動車産業の強さを探るため、特にトヨタ生産方式を研究し、それを一般化・再体系化した際に用いた名称。leanとは「痩せた」「贅肉のない」の意味で、この場合「ムダのない生産方式」のこと。
1980年代、米国の自動車業界も日本車の輸出攻勢にさらされ、危機に喘いでいた。
こうした中、日本自動車メーカーの競争力の源泉は何か探るべく、1985年からMITを中心にしたIMVP(国際自動車プログラム)によって研究が行われ、1990年にその結果が「The Machine that changed the World」という報告書として公表された。
この研究プロジェクトの中で、GMのフレミンハム工場とトヨタ自動車の高岡工場が比較分析された。
GM工場が依然としてフォード生産システムによる大量生産を志向していたのに対し、トヨタの工場は多品種の製品を適量だけ生産することを目指しており、生産ラインで必要な分だけ部品発注をしたり、発注先の選定基準、外注会社と共同開発体制を敷いたりと多くの違いがあると指摘した。
この生産方式を「リーン生産システム」と呼んだ

http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/lps.html
===補足===
リーン生産方式
リーン生産方式は、1980年代にMITのジェームズ・P・ウォマック教授らが提唱した、トヨタ自動車に代表される「多品種大量生産」志向の生産方式の総称です。
リーン(lean)とは「贅肉のない」という意味で、1980代「少品種大量生産」の行き詰まりにより不況にあえいでいた米国企業に対して、無駄を排除し効率的な生産を実現することで消費者の多様な嗜好に対応する、新しい生産方式として提唱されました。
http://www.nri.co.jp/opinion/r_report/m_word/tps.html

1980年代にアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)で日本の自動車産業における生産方式(主にトヨタ生産方式)を研究し、その成果を再体系化・一般化したものであり、生産管理手法の一種である。

リーン生産方式はトヨタ生産方式を研究して編み出された方式であり、MITのジェームズ・P・ウォマック(James P. Womack)、ダニエル・T・ジョーズ(Daniel T. Jones)らによって提唱された。製造工程におけるムダを排除することを目的として、製品および製造工程の全体にわたって、トータルコストを系統的に減らそうとするのが狙いである。

日本の製造業の生産システムはボトムアップ型に基づいた暗黙知ベースのシステムが形成されていることが支配的であり、その中で結果としてムダが排除されていく。しかしボトムアップでは部分最適に陥りやすく、局所的にムダが排除されても全体で見た場合にはムダが排除しきれていない状態が生じやすい。言い換えれば「いびつな贅肉の取れ方=ダイエットに失敗した状態」が起こりうる。それらを踏まえMITで行われた研究は、それらとトップダウン型の形式知ベースのシステムとの融合やその体系化などである。トップダウン型になることによって、全体最適を追求しやすくなり、組織全体としてバランスがよくなりムダを排除しやすくなる。
詳しくは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%94%9F%E7%94%A3%E6%96%B9%E5%BC%8F

回答者:匿名
回答日時:2011-07-25 00:06:26

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
プロセス管理を徹底して効率化することで、従来の大量生産方式...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-25 00:07:56

この回答の満足度 ★★★★★
プロセス管理を徹底して効率化することで、従来の大量生産方式...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-25 00:07:50

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ