Sooda!
 閲覧数:64
自分勤務先の貸しビルが北朝鮮系外資に乗っ取られ(オーナーチェンジ)、退去させたいために毎日嫌がらせをされ、業務に支障をきたして困っています。
それは、四六時中不当な監視をされる、共有部分を損壊したなど言い掛かりを付けられる、契約した用途外での使用目的に無断で第三者に転借している、などと因縁をつけるというものです。
もし強制退去させられると移転費用が嵩みますし、登記簿謄本など記載事項も全部変更申請を出さなければならず、費用面も手間も取られ会社として立ち行かなくなります。
このことについてどのような対抗措置が考えられますでしょうか?

質問者:丸鋼降参@千葉中央
質問日時:2011-07-25 00:15:32
カテゴリ:暮らし>法律・消費者問題>法律相談

ベスト回答
家賃を支払っている以上は、貴社に使用する権利があるのですから、不当な事は出来ないはずです。どの程度の業務上の妨害行為を蒙っているのかを具体的に記録して、第三者を立てて交渉をする以外に方法はありません。登記の変更を含めた移転にかかわる諸費用を多めに見積もって、立退き料の交渉をし、転居するのも手かもしれません。相手が総連係の場合、警察もあまりあてになりません。棒朝鮮系Q&Aサイトの対応をご覧になればお解りのように、目的そのものを先行させて、手段の是非を勘案しようとしない手口は、日本人には理解しがたく、思いもよらないような損失を蒙らないとも限りません。

回答者:匿名
回答日時:2011-07-25 00:44:47

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ