Sooda!
 閲覧数:42
今西日本大震災が起きたら、財源は大丈夫ですか。国家財政は?

<東日本大震災>復興財源、今後5年で12.9兆円 担当相

毎日新聞 7月26日(火)21時41分配信
政府は26日、東日本大震災復興対策本部(本部長・菅直人首相)の会合を開き、平野達男復興担当相が震災の復旧・復興事業の規模と財源案を報告した。今後5年で新たに必要な復興財源を12.9兆円とし、10.5兆円を「復興債」発行で確保、残りは歳出削減で対応する。復興債の償還の大部分は、所得税や法人税などで現行税率に一定割合を上乗せする臨時の「定率増税」で賄う方針だ。

平野復興相は会合後、復興財源の確保策について、26日は閣僚への説明にとどめ、了承を見送ったと述べた。政府は民主党との調整を経て、29日に事業規模や財源案を盛り込んだ復興基本方針を正式決定したい考え。ただ、与党内には増税反対論も根強く、調整は難航も予想される。

復旧・復興事業費は、10年間で23兆円(国と地方の合計)と見込む。当初5年間を「集中復興期間」とし、最低19兆円程度を投資する。19兆円のうち6.1兆円は、10年度予算の予備費と11年度第1次、第2次補正予算で手当て済み。残る12.9兆円の財源確保について、子ども手当見直し(年間0.5兆円弱)と高速道路無料化実験中止(同0.1兆円強)により、2.4兆円程度の財源を確保。残る10.5兆円を復興債発行で調達する。復興債の償還は、10.3兆円を臨時増税で調達、0.2兆円は税外収入で賄う。【小倉祥徳】

質問者:匿名
質問日時:2011-07-27 01:22:36
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
大丈夫かどうかの定義にもよると思うのですが、東日本の復興費用の他に、さらに、即座に10兆円支出出来るかと言われれば、当然ムリ。増税 or 歳出削減を念頭に新たに資金を捻出する必要がありそうです。しかも長期的に。

では、それらの策を講ずることが不可能なのか、と言えば、それはもう私もあなたも含む国民一人一人の良識と決意次第ですので、答えは、不可能ではない、ということになるかと思います。

人任せにせず、頼りに出来る人を政治家に選ぶ。いないなら自分が立候補する or 候補者を作る。
投票も努力もせずに既存政治家だけに文句を言っていても、問題が好転することは恐らくないでしょうから。

回答者:金融勤務
回答日時:2011-08-03 00:03:09

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/16件中
大変なことになります。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-28 23:02:06

この回答の満足度 ★★★★★
そりゃ大丈夫なわけがないでしょうこんな政府でやられたら・・・...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-28 06:06:32

この回答の満足度 ★★★★★
大丈夫ではないと思います。もし西日本大震災が発生すれば、この...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-27 22:19:17

この回答の満足度 ★★★★★
全然大丈夫じゃないです・・・。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-07-27 15:25:43

この回答の満足度 ★★★★★
大丈夫ではないです。アウトです。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-07-27 13:24:38

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ