Sooda!
 閲覧数:537
フィギュアスケートで、
採点を待つ間に座るブースのことを「キス&クライ」と言いますが、いつ頃からでしょうか?
(少なくとも子供の頃見た長野五輪では言っていなかったような)

またフィギュア以外のスポーツで
「キス&クライ」がある
(そういう言い方をする)競技があったら教えて下さい。

以上2点、
よろしくお願いします。

質問者:スポック
質問日時:2011-07-28 15:05:44
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>スポーツ・アウトドア>ウィンタースポーツ

ベスト回答
採点結果発表を待つ場を「キスアンドクライ(Kiss and cry)」というのは、
高得点を得た時の喜びのキスや、逆に低得点に甘んじた時の哀しみの涙など、
悲喜こもごもなドラマが展開されることが由来とされるそうです。

名づけたのは、1983年のヘルシンキ世界選手権で主催を務めたフィンランド
フィギュアスケート協会の委員であったジェイン・エルッコ(Jane Erkko)さんと
いわれています。(YAHOO知恵袋より引用)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1034592495

この呼び方は、フィギュアスケート競技が初めてらしく、今のところ他の競技では
聞いたことがありません。

でも採点系の競技だったら、他でもあってよさそうですね、
体操、新体操、シンクロナイズドスイミング、トランポリンなどなど...

回答者:ソチはそっち?
回答日時:2011-07-28 15:26:24

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
回答、ありがとうございました。

Yahoo!の回答が本当だとすると、随分前からの呼び方だったんですね。
情報を頂いてちょっと検索してみたのですが、
元ネタには辿り着けませんでした…残念。
(でもありがとうございます)

1983年のヘルシンキ世界選手権は
あのブライアンオーサーが3位銅メダルに入ってますね。

彼のことはすっかり嫌いになってしまいましたが
なかなか感慨深いものがあります。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ