Sooda!
 閲覧数:59
本来、湖の水草を食べてもらうのが目的で 中国から移入したこの魚、他にもう一つ目的があったらしいのですが、その目的は何だったのですか??

質問者:升っ サン
質問日時:2011-08-01 21:41:25
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
食用でしょうか
中国藻屑蟹ですか
===補足===
ソウギョ
名のとおり草食で、水草や水辺の草を貪欲に摂食する
食用淡水魚
草食性で、水草の他、ヨシなどの抽水植物や水面上に垂れ下がった雑草なども食べる。口に歯はないが、喉に丈夫な咽頭歯をもち、これで植物を刈り取って摂食する。緑色をした1cmくらいの丸い糞が新鮮な状態で確認できたらソウギョが近くにいる可能性が高い。

日本では、1878年(明治11)以降に他の四大家魚とともに日本人の蛋白源として日本列島内に導入が図られ、各地の川や湖沼に放流された。 また、戦後の農業形態の変化に伴って、湖沼に繁茂する水草が農業肥料などとして利用されなくなり、その繁茂を嫌った世論もあって各地で湖沼の水草を制限する意図で利根川水系産の種苗が各地に放流された。 しかし巨大に成長したソウギョは旺盛な食欲で各地の湖沼の水草を食いつくし、水草帯を生息地とする在来魚や水生昆虫の生息を脅かすなど生態系に深刻な悪影響を与えることが認識されるようになった。かつて水草の繁茂する湖だった野尻湖は、ソウギョの放流後水草が激減し、現在ではほとんど見ることができない。当然水草の減少要因がソウギョだけでないとしても、ソウギョの放流と水草の減少が同期していることから鑑みれば、大きな要因であることは確実である。また、水草を消化吸収した後に出す膨大な糞が湖沼底に堆積し、却って水質汚濁の原因ともなることが理解されるに至ったため、自然環境に好ましくない負荷をかける外来種と認識されるようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%82%AE%E3%83%A7

野尻湖水草復元研究会
野尻湖は、水草が豊富な湖沼でした。1900年代初頭には20数種類の水草が記録されておりそれらの分布や群落構造まで詳しく調べられています。しかし1978年には増えすぎた水草が船の航行や漁業の邪魔になったため、5,000匹のソウギョが放流され、3年間で水草は食べ尽くされてしまいました。
http://park7.wakwak.com/~fuyosou/mizukusa4.htm
ソウギョバスターズ
http://www.sogyo.jp/index.html

回答者:匿名
回答日時:2011-08-01 21:51:38

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
sougyo

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
この問題はわかりませんが心優しい方は満足度?????にしてく...詳細

回答者:悠太
回答日時:2011-08-02 17:34:06

この回答の満足度 未設定
アオウオ、コクレン、ハクレンと共に中国四大家魚と呼ばれていて...詳細

回答者:AF
回答日時:2011-08-02 16:29:37

この回答の満足度 ★★★★★
草魚の事でしょうかねぇ、食用にするつもりだったのですが、江戸...詳細

回答者:プーさんのママ
回答日時:2011-08-01 22:10:20

この回答の満足度 ★★★★★
食用です。動物タンパク詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-08-01 21:52:10

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ