Sooda!
 閲覧数:124
はやぶさに続けとJAXAは金星探査のあかつきを打ち上げましたがいつものように失敗しました。
金星探査は、2001年に日本が提唱して賛同したヨーロッパは、わずか2年後の2003年に観測衛星を打ち上げ、成功しています。
これは信頼の置ける従来技術を応用したからです。
日本は理想ばかり高く、10年かけて新衛星を開発しましたが、宇宙のガラクタと化しました。
時間と金ばかりかけて成果に結びつかないのが日本の宇宙開発です。
だらだらと長引かせて大金がかかります。
それはJAXAが天下りのお役所体質だからです。
皆さんどう思いますか?

質問者:パシフィック
質問日時:2011-08-06 09:49:36
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>数学・サイエンス

ベスト回答
確かに、
時間と金ばかりかけて
成果に結びつかないのが日本の宇宙開発ですね。
JAXAが天下りの巣窟で
無責任なお役所体質だからと思いますね。
民営化すれば、お金を有効活用して
もっと効率の良い仕事をして
成果もあげますね。

回答者:匿名
回答日時:2011-08-06 14:22:51

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
お国からお金が下りているところ須くそう。カネと同時に人も降り...詳細

回答者:ぐーたら
回答日時:2011-08-07 13:58:08

この回答の満足度 ★★★★★
確かに、お役所仕事だから上手くいかないというのはあると思いま...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-06 16:29:22

この回答の満足度 ★★★★★
確かに、時間と金ばかりかけて成果に結びつかないのが日本の宇宙...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-06 14:22:52

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ