Sooda!
 閲覧数:186
2200億円の汚職って可能なんでしょうか。

中国で4年前に運行が始まったばかりの高速鉄道網。わずか数年で、総延長が東海道・山陽新幹線の10倍近い1万キロに達した。その急ピッチな建設ぶりに、追突事故の前月、中国鉄道省の元幹部が高速鉄道の安全性をめぐって、地元紙に暴露する場面もあった。

元幹部は、劉志軍前鉄道相が高速鉄道で世界一のスピードにこだわり、安全性を無視して350キロに最高時速を設定したこと(前鉄道相の更迭後に300キロに引き下げ)や、専用軌道路線の安全設計と土木工事が不十分で、地盤沈下による走行支障が起こりうることなど問題点を指摘していた。

事故後には汚職に揺れる鉄道省の巨大利権にメスが入った。鉄道省の張曙光前運輸局長の場合、米国とスイスに28億ドル(約2200億円)を蓄財した疑いがもたれている。「高速鉄道の第一人者」と呼ばれた張前運輸局長の懐に流れたカネは、本来はどこに使われるべきものだったのだろうか。http://sankei.jp.msn.com/world/news/110814/chn11081402510001-n3.htm

質問者:匿名希望
質問日時:2011-08-14 13:16:07
カテゴリ:マネー>資産運用>その他

ベスト回答
立派な汚職です。
日本でも汚職はありますが、末端の方々は少ないですね。(あるにはあります。)
そして有名な話ですが、外国から日本に来てびっくりするのは税関職員に袖の下がいらないのに驚いたと言う話がある位です。
日本では税関を通過するのに袖の下はないですが、外国特に中国なんかは当たり前なんですよ。
チップじゃあるまいし、私は中国の税関を抜けるのに袖の下を渡した事はありません。
勿論、タイやサイパン・グアム等数カ国でもお金を渡した事はないのですが、実際はあるらしいです。
まあやましい事をしている人は渡すらしいですけど、中国は拝金主義なので、公安局(日本で言えば、警察と同じ組織)ですら、犯罪を見逃して貰うのに、お金を渡してよろしく・・・って言うのがあるようです。)
1人で西安から上海まで日本で言えば、寝台列車の4人部屋コンパートメントですね、日本ならカシオペアとか北斗星などにあるモノに似てますが、それに乗って帰ってきた事があります。
その時は鉄道局の偉い人が3人一緒だったんですけど、車掌なんかも思い切り鉄道局の幹部に気を使ってましたよぉ、おまけに一緒に乗っていたのは異国から来た1人旅の姉ちゃんでしょ、無礼があって国際問題になったら、困るだろうと言う心理が働いたのかすごく丁重に対応していだたきました。(日本じゃ当時中曽根さんが総理大臣の時代です、ソニーのウオークマンが人気で、中国に当時のソニーの社長=会長だったかな?盛田さんが来た!!と言って中国のニュースで報道されちゃったりしていました)
多分裏でも何かあったのかもしれませんね。
だからあの国だったら20年以上前でも汚職はありました、外国の旅行客の間でも有名でしたし、話しには聞いていましたよ。
あ〜あですね。
庶民は結構いい人が多かったですけど、キャラは濃い人が多かったです。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-08-15 19:43:15

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/11件中
汚職は日本だけではないと言うこと。中国は、一部の権力者が支配...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-20 18:44:55

この回答の満足度 ★★★★★
あったみたいですね。命は二の次ですね。詳細

回答者:匿名  
回答日時:2011-08-15 02:12:49

この回答の満足度 ★★★★★
可能なんですね。考えられないような金額です。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-14 15:44:58

この回答の満足度 ★★★★★
可能だったのでしょう。凄い額ですね・・・。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-14 14:47:38

この回答の満足度 ★★★★★
1党独裁の共産党の大幹部だから可能だったんでしょうね。 それ...詳細

回答者:愛着
回答日時:2011-08-14 13:56:07

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ