Sooda!
 閲覧数:171
'60年代にブームだったグループ・サウンズの思い出を聞かせて下さい。

1960年代後半に、グループ・サウンズという和製ロックの大ブームがありました。

テンプターズ、ブルー・コメッツ、スパイダース、カーナビーツ、ワイルドワンズ、オックス、モップス、リガニーズ、パープル・シャドウズ、ズー・ニー・ブー、ビーバーズ、ハプニングス・フォー、ジャガーズ、ジャックス、ゴールデン・カップス、寺内タケシとバニーズ、サベージ、スイング・ウエスト、スーナーズ、ヴィレッジ・シンガーズ、ハプニングス・フォー、加山雄三とランチャーズ、ピッグ、パープル・シャドーズ、ダイナマイツ、リンド&リンダースなど色々な傾向のグループが山ほどありました。

中でもトップ・クラスの人気を誇ったのが、ジュリーこと沢田研二がリード・ヴォーカルを務めていたザ・タイガースです。

グループ・サウンズの思い出やあなたが好きな曲などを教えて下さい。



・参考 ザ・タイガース

君だけに愛を、モナリザの微笑み、シーシーシー、シーサイド・バウンド、僕のマリー、スマイル・フォー・ミー、花の首飾り(リード・ヴォーカルはトッポ/加橋かつみ)、廃墟の鳩、美しき愛の掟、イエロー・キャッツ、ラブ・ラブ・ラブ、青い鳥、銀河のロマンス、嘆き、都会、真っ赤なジャケット、落葉の物語、ジンジン・バンバン、タイガースのテーマなど数多くの曲がありましたし、その人気は凄かったです。

デビューしたのは1967年の「僕のマリー」ですが、次の「シーサイド・バウンド」で人気に火がつき、若い女の子の多くが熱狂しました。

メンバーは沢田研二(vo)/岸部おさみ(b)/加橋かつみ(g)/森本太郎(g)/瞳みのる(dr)の5名でした。

1969年に加橋かつみが脱退し、岸部四郎が加入しました。

しかしそんなタイガースも人気はやがて下り坂になり、1971年には解散、その後ピッグを経て沢田研二はソロ歌手として活動する事になります。

80年に入ってから一時復活し、「色つきの女でいてくれよ」「十年ロマンス」など3枚のシングルをヒットさせた程です。
みんなへのお礼
本当にたくさんのグループやヒット曲がありましたよね。多くのグループがブーム末期に解散してしまったのが残念です。

質問者:高田
質問日時:2011-08-16 20:15:37
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>音楽>歌・曲

ベスト回答
グループサウンズ末期の頃は覚えていますね。
花の首飾りはよくラジオから流れていました。
曲名は覚えていないのですが、森といずみにんにく〜と替え唄を歌いながら学校に行った事もあります。
個人的には加橋かつみのファンだったのですが、性格的な問題で、ソロになっても何枚かレコードを出してはいるものの、今は何をやっているんだかって言う感じらしいですが。

私自身は廃墟の鳩と言う曲が好きでした。
40年前の曲が今東北の震災となぜか結びついてしまうのは年を取ったせいでしょうか?
ASUKAバージョンでもあるようなのですが、ASUKAバージョンよりタイガースバージョンの方が絶対に今の日本にあっています。

廃墟の鳩
http://www.youtube.com/watch?v=EwfhalTm2EA
廃墟の鳩ASUKAバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=Cxo8cMqwspY&feature=related

回答者:匿名希望
回答日時:2011-08-16 20:38:38

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
GSブームには美空ひばりものってGS風の「真っ赤な太陽」を...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-18 18:41:09

この回答の満足度 ★★★★★
中学生から高校生の時代です。GSやフォークグループも演歌...詳細

回答者: 匿 名 
回答日時:2011-08-16 22:45:43

この回答の満足度 ★★★★★
ヴィレッジ・シンガーズの亜麻色の髪の乙女なんか名曲で...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-16 21:34:48

この回答の満足度 ★★★★★
でたぁ・・・・・・・・・・私の高校生時代、青春そのものですよ...詳細

回答者:落ち葉の物語
回答日時:2011-08-16 20:27:08

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ