Sooda!
 閲覧数:91
monsterです。あなたなら、どうする?

こんばんは。

回答いただくにあたり、あなたは ?
1. 既婚男性 2. 既婚女性 3. 独身男性(社会人) 4. 独身女性(社会人) 5. 男子学生 6. 女子学生

★必須★
今回のような状況なら、あなたの本音はどうなのでしょうか ?

ちなみに僕がしている心理問題って、みなさんは好きなんですか ?
ここが一番気になりますので、教えてね。

診断結果はすべてお礼のとこに貼りますので。 では、どうぞ !


問題 あなたなら、どうする? 〜執着手放し度チェック編〜

一日の仕事を終えて、ふーっと息をつきながら家路に着いたあなた。
何の気無しに家のポストをのぞくと、あなた宛の封書が一通届いています。
そこには「結婚披露宴のご招待状」と書かれていて、
差出人にはかつての恋人の名前が印字されています。

さて、あなたはどうなってしまうでしょう?

A.「あー、結婚するんだー。おめでとう!お祝いしてあげなきゃっ!☆」と
なんだかうれしい気持ちになる。

B.「あ、結婚するんだ。ふーん。」とちょっと複雑な、それでいて淡々とした気分になる

C.どきっとして何だか悲しいような、虚しいような気持ちになる

D.むかむかっとして、その場で招待状を破り捨てる

E.その場に立ち尽くし、血の気が引いていくのを感じる
みんなへのお礼
こんにちは。
今回は僕の個人的感想もふまえて回答いただきありがとうございました。
結構診断の内容によっては違うのかもしれません。
回答の中に無かったものの結果も合わせて見て下さいね。

"D"のあなた

その怒り、とても大切な気持ちです。
元恋人に対して、怒りだけでなく、他にも強い感情がたくさんありますね。
悔しさや嫉妬、惨めさ、もうめちゃくちゃにしてやりたいくらいの恨んでしまう気持ちだってあるかも。
そんなあなたはまだまだ元恋人に執着してしまっています。
手放し度は20%〜50%といったところでしょうか。
でも、今はそれでOK。
次の恋に進むためには必ず通らなければならない高速道路の料金所のようなところだから。

手放しのプロセスはいろいろありますが、その都度怒りが出てくることが良くあります。
そのたびに、その怒りを上手に前向きなエネルギーに変えて、次の恋へのステップアップすることができます。
彼(彼女)をうらんでも、自分を責めても、実は何も変わらないことに気づいてください。

だからこそ、
「もっといい女(男)になってやる!」
「絶対幸せになる!」
と意欲を持ってみてください。


●手放しを進めたいあなたへ●

何よりも今のあなたには「今もまだ傷ついている自分」を認め、受け入れてあげる必要があります。
怒りを使ってその下の悲しみを覆い隠そうとしてしまっているのかもしれませんし、その怒りの強さから「もう男なんていらん!」と宣言してしまうかもしれません。

怒りを前向きなエネルギーに変換することは「ちくしょー!!絶対いい女(男)になる!」て思うことなのですが、すぐにはこれは難しいし、リスクも伴います。

だから、まずは、自分の本音、素直な気持ちを感じてみてください。
きっと屈辱的な気持ちになったり、うっかり涙が溢れてしまうことだってあるかもしれません。
だからこそ、怒るときは思い切り怒ってください。そして、泣きたいときには思いきり泣いてみましょう。

そこで解放できた分だけ、心が軽くなり、足取り軽く次の恋を目指していけるようになります。

まだまだ前向きのエネルギーに変換するには荷物(ネガティブな感情)が多すぎるのかもしれませんから、それを軽くすることからはじめていきましょう。


"E"のあなた

今感じているものを言葉にしてみてください。
もし、涙が溢れるのであれば、そのままにして流してみてください。

あなたの心はまだまだ痛みが強く、この状況を受け入れるのにしばらくの時間が必要かもしれません。
「うそ…」
「いやっ…」
「信じたくない」
そんな気持ちでいっぱいかも。

もしその元恋人との関係が終わって日が浅いのであれば、今は無理に手放そうとすることはあまりお勧めできません。
その言葉にしにくい気持ちのまま、もう少し静かに時を流して見ましょう。

もし、今、彼を忘れようと努力されているのであれば、それ自体が心の傷に塩を塗りこむ行為になってしまうかもしれません。
今はその手を止めて、友達や家族に今の気持ちを聞いてもらってください。
そして、少しずつ俯いた顔を起こしてみましょう。
そこに何が見えるでしょうか。


●執着を手放す旅にでかけましょう。●

今はゆっくりその心のままにしてあげましょう。
風邪を引いたり、怪我をしたとき、大切なのは「安静にすること」
心も同じなのです。

あなたが信頼できる人を一人思い浮かべてみてください。
もし、誰も思いつかなかったら、誰かカウンセラーを指名してみて下さい。
そして、その人に向かって、ただ今感じる気持ちを話してみましょう。
辛い気持ちでもいいし、怒りや悔しさでも何でもかまいません。
自分が納得するまでお話してください。
そういう気持ちで話をすると心は意外と静かになるものです。
しかも、30分〜1時間で多くの場合は助ェなのです。(これも意外でしょう)

もちろん、一度は収まった気持ちがまたぶり返すこともありますが、やはり同じことを繰り返してみてください。

今のあなたに「無理」は禁物。
できるだけ、自分が自然な気持ちになれる時間を作っていきましょう。

質問者:可愛いネコちゃん
質問日時:2011-08-18 23:55:29
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
2.C
知り合いでも友達でも異性を披露宴に招待しないし、
元カレ・元カノの間なら尚更でしょう。常識を疑う。
そしてそんな人と付き合ってたなんてと悲しく虚しく思います。
未練ではなく。
なので本当はA〜Eのどれでもないのかも。

いつも楽しく答えています。ありがとうございます。

回答者:とここ
回答日時:2011-08-19 01:08:22

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
こんにちは、とここさん。結果が出ましたので見て下さいね。
回答ありがとうございました。

本音はどれも嫌ですよ、僕なら良く送ってくれたよねって、無神経って思いますよ。

>いつも楽しく答えています。ありがとうございます。
どの名前で ? みんな匿名さんなので覚えきれないんです(笑)

"C"のあなた

まだまだあなたの心には痛みがたくさん詰まっているようですね。手放し度30%以上、50%未満といったところでしょうか。
きっとあなたはその悲しみや虚しさも我慢できる程度には手放しのプロセスが進んでいます。
でも、我慢することに慣れてしまい、未だに心の中には辛い感情がたくさん残っているのかもしれません。

あなたにとってその悲しみや虚しさは大切な心のサインです。
そのまま気持ちを感じてみてください。
そうすると心は色んな感情をあなたに見せてくれます。
悲しみ、虚しさ、寂しさ、惨めさ、怒り、嫉妬、理不尽さ、絶望等々。
その感情と一緒に彼がいた生活を振り返ってみてください。
そこで何か学ぶこと、気付くことがきっとあるはずです。

その気持ちを感じていると、やがてはその感情も姿を変え、形を変えて蒸発していきます。
もし可狽ネらば、あなたにとって気の許せる場所で、思い切り泣いてみてください。
理不尽さや怒りの感情が湧いてくるのならば、思い切り怒って下さい。
これが感情を解放する、ということです。

こうして、痛みを解放することで次のステップに容易に進むことができます。


●手放しを進めたいあなたへ●

悲しみや虚しさを感じることができるあなたは実は素直な方です。
素直さは過去の痛みを手放して、前に進むときに最も有効な要素の一つ。

上に紹介した感情を解放すること。
これが今のあなたへの一番のお勧めです。

我慢しなければいけないときももちろんあります。職場や家族や友達の前など。
でも、今のあなたに必要なのはあなたが安心して心と向き合える時間です。

忙しさを使ったり、我慢したりして痛みを抑圧してしまうと、その分だけ今まで以上に恋を楽しむことが難しくなってしまうでしょう。
今は前の恋から次の恋への過渡期。
ちょうど荷物を積んだトラックがあなたを前の街から次の街へと運んでくれている最中です。

あなたの心に優しい時間を作ってあげましょう。

↓↓その他の回答 1〜5件/18件中
お早うございます 既婚女性ですC.どきっとして何だか悲しいよ...詳細

回答者:ちなみに
回答日時:2011-08-19 09:51:15

この回答の満足度 ★★★★★
5. 男子学生 C.どきっとして何だか悲しいような、虚し...詳細

回答者:yuyota3
回答日時:2011-08-19 09:21:18

この回答の満足度 ★★★★★
既婚女性B.「あ、結婚するんだ。ふーん。」とちょっと複雑な、...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-19 08:18:49

この回答の満足度 ★★★★★
おはようございます。 4. 独身女性(社会人)です。B.「あ...詳細

回答者:tokumei
回答日時:2011-08-19 08:10:12

この回答の満足度 ★★★★★
独身女性 B 何はともあれ別れた男です、いつまでも引きずって...詳細

回答者:プーさんのママ
回答日時:2011-08-19 07:20:24

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ