Sooda!
 閲覧数:129
チェルノブイリの居住禁止区域より、大熊町は10倍以上汚染されているということでしょうか。ようやく汚染マップが出ましたが、2キロ区画で調べたようで、今後は安心できますか。

東日本大震災:土壌汚染マップ作製 セシウム蓄積、福島・大熊町で最高値

文部科学省は29日、東京電力福島第1原発から放出されたセシウム137(半減期約30年)の蓄積分布を、原発からおおむね半径100キロ圏内で示した「土壌濃度マップ」を初めて作った。最も高かったのは、原発がある福島県大熊町で土壌1平方メートル当たり1545万ベクレル。南相馬市と富岡、大熊、双葉、浪江の各町、飯舘村の6市町村34地点で、チェルノブイリ原発事故(86年)の際に居住が禁止された同148万ベクレルを上回った。

調査は6〜7月、文科省と大学など94機関3企業が共同で約2200区画(1区画は2キロ四方)を調べた。1区画内の草も含め任意の場所で集めた5サンプルを混ぜて測定した。

濃度分布の傾向は、文科省が同じ地点で測った空間線量や、航空機で測った空間線量から算出した地表の放射性セシウムの蓄積分布とほぼ一致した。マップ作成検討会主査の中村尚司・東北大名誉教授(放射線計測)は「直接測った今回のデータは除染作業の参考になる」と話した。

また農林水産省は同日、福島、宮城、栃木、群馬、茨城、千葉県の農地における放射性セシウム(137と134)の濃度分布図を作った。調査対象は福島の360地点、他5県の計220地点の水田と畑。飯舘村や相馬市、南相馬市など福島県内の13市町村で、稲の作付けを制限する土壌1キログラム当たり5000ベクレルを上回る地点があった。いずれも文科省ウェブサイト(http://radioactivity.mext.go.jp/ja/)で30日以降閲覧できる。【野田武】

毎日新聞 2011年8月30日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110830ddm012040062000c.html

質問者:匿名
質問日時:2011-08-30 07:32:27
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
安心はできないですね。
ますます、放射能汚染の怖さを感じますし
アホ菅の水素爆発のベントの失敗で
国土を汚染させた罪を恨みますね。
国家の税金がどれだけいるか不安ですね。

回答者:暑い
回答日時:2011-08-30 12:02:21

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/6件中
今頃ですか、のんびりしすぎます。調査しただけで対策をしていな...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-09-03 13:07:57

この回答の満足度 ★★★★★
安心出来ません。遅すぎます。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-30 16:32:01

この回答の満足度 ★★★★★
安心できません。余計怖いです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-30 15:26:24

この回答の満足度 ★★★★★
全然安心できません。ともかく情報が遅いです。遅すぎます。詳細

回答者:疑心暗鬼
回答日時:2011-08-30 14:30:16

この回答の満足度 ★★★★★
あんしんはできませんね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-08-30 09:54:56

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ