Sooda!
 閲覧数:43
日本列島の地図を一番最初に完成させて人を教えてください!

質問者:362号
質問日時:2011-09-02 22:51:27
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>歴史・地理

ベスト回答
実は・・・
伊能忠敬は50歳を過ぎてから4万キロを歩いて各地の地図を記していました。
そして1818年に肺を患って病死しています。
パーツとして存在した各地の地図を一枚にまとめ上げたのは、伊能忠敬の日本全国の地理測量を支援した高橋至時の息子の高橋景保や弟子たちは“この地図は伊能忠敬が作ったもの"、
そう世間に知らしめる為に、彼の死を伏せて地図の完成を目指した。
1821年、江戸城大広間。幕府の重鎮が見守る中、ついに日本最初の実測地図「大日本沿海輿地(よち)全図」が広げられました。

つまり、パーツを作ったのが“伊能忠敬"で、それを一枚の地図にまとめたのは“高橋景保と弟子達"です。
教科書には載っていない事実です。

http://kajipon.com/kt/tadataka.html

回答者:世間に知られていない本当の話
回答日時:2011-09-03 02:20:29

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/12件中
「伊能忠敬」氏です。。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-03 13:42:55

この回答の満足度 ★★★★★
測量家の伊能忠敬です。1800年頃に17年もかけて、作り上げ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-03 09:07:21

この回答の満足度 ★★★★★
伊能忠敬だと言われています。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-03 08:10:49

この回答の満足度 ★★★★★
伊能忠敬だとおもいます。すごいひとです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-03 02:10:57

この回答の満足度 ★★★★★
伊能忠敬です。昔は歩測で地図を作りました。歩けない所は、船を...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-09-02 23:54:41

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ