Sooda!
 閲覧数:93
3.11当日に解析ができていたのは日本の技術力の証でしょうか。


東日本大震災:保安院・官邸、炉心溶融予測を活用せず 地震当日に解析

経済産業省原子力安全・保安院は2日、東日本大震災当日、東京電力福島第1原発1〜3号機で全電源喪失などを想定し炉心溶融などを予測した「緊急時対策支援システム(ERSS)」の解析結果を、約半年たって公表した。2、3号機の予測は官邸に送信したが活用されず、1号機は送信もしていなかった。保安院の情報管理のずさんさが問われそうだ。

保安院によるとERSSを開発した原子力安全基盤機構(JNES)は3月11日、保安院の依頼でERSSを起動。同原発で全電源が断たれた事態を想定したパターンを使い、1〜3号機の原子炉内の水位や圧力、温度が今後どう推移するかの予測結果を出した。

2号機のデータは11日午後9時半ごろ、JNESから保安院に届いた。保安院の職員はデータを基に「22時50分 炉心露出 24時50分 燃料溶融」など予想される展開を文章にし、同日午後10時45分ごろと12日午前0時過ぎ、危機管理センターに常駐していた保安院職員を通じ内閣府の職員に手渡した。3号機については13日午前6時半ごろに届いたデータを同様の方法で約20分後に官邸に届けたという。しかしこれらは周辺住民の避難指示などに活用されなかった。保安院の森山善範・原子力災害対策監は2日の会見で「事実に基づいたデータではないので活用を思い至らなかった」と釈明した。

また保安院は1号機の予測から導いた放射性物質の推定放出量を基に「緊急時迅速放射能影響予測システム(SPEEDI)」で拡散予測を実施。しかしすぐには公表せず、活用しなかった。保安院はこれまで「全電源喪失でSPEEDIが機能しなかった」と説明していた。【久野華代】

==============

■ことば

◇緊急時対策支援システム(ERSS)

原発事故の際、原子炉内の温度や圧力、水位などを即時に入手し、それに基づいて事態の進展や放射性物質の放出量を予測するために保安院が導入したコンピューターシステム。事故時、電力会社から集めた運転情報や放射線計測値などを収集し、さまざまな事故のパターンをデータベースから選んで計算する。炉の状況や予測結果は、経済産業省などオンラインで結ばれた場所で閲覧できる。


毎日新聞 2011年9月3日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110903ddm003040122000c.html

質問者:匿名
質問日時:2011-09-03 12:21:22
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>数学・サイエンス

ベスト回答
解析が出来ていてもそれを活用出来なかったら、解析できなかったのと同じです。
日本の技術はすごいですが、それを生かすすべがなかったり、生かしていなかったのなら、技術はないのと同じですからね。
保安院と政府の責任は重大です。
政府が保安院という組織がありながら、それを動かす事が出来なかったのが悪いんでしょう。
大体保安院なんて組織がある事すら、国民は知らなかった人が多かったかもしれません。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-09-03 12:27:28

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/10件中
技術力のたまものですね。でもいかさないと・・・意味ないですよ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-10 12:03:49

この回答の満足度 ★★★★★
技術力の証だと思います。でも活用できていなければ意味がないで...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-10 01:56:27

この回答の満足度 ★★★★★
技術は使わないと意味がないです。詳細

回答者:匿名  
回答日時:2011-09-04 11:41:21

この回答の満足度 ★★★★★
せっかくできてるのに、政府が隠ぺいして殺人行為ですよね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-04 11:24:07

この回答の満足度 ★★★★★
これを生かし切れないのが日本の政治力。生かそうとするのを邪魔...詳細

回答者:ぐーたら
回答日時:2011-09-03 21:58:06

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ