Sooda!
 閲覧数:268
ドラマ「太陽にほえろ」の中で流れる主題歌ではない曲があります。これは、西武ライオンズの試合でも何度か聞いたことあります。どの選手かの打撃時のBGMだったか、西武が得点のチャンスの時に流れていたような気がします。

曲名もわかりませんが、まあバッターの勢いをつけるには後押しするような適した曲だと思いますが、曲名か、あるいはどういう理由でこの曲が西武の試合で使われているのかわかれば教えてください。

質問者:soodaくん
質問日時:2011-09-03 21:23:18
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>音楽>歌・曲

ベスト回答
http://www.youtube.com/watch?v=g10irDqhTJc
この曲です!!
西武ライオンズの小関竜哉選手の登場曲でした。

「青春のテーマM1/ジーパン刑事のテーマ」で、ジーパン刑事こと、松田優作さんのテーマソングでした。
ジーパン刑事が長い足でひたすら走っているシーンを思い出します。

この曲が使われた経緯はWikipediaに以下の様に書かれていました。

西武時代、西武ライオンズ球場がドーム化され西武ドームとなるのに合わせ、各選手が打席に入る際やイニング間の投球練習の間に流すテーマ曲を決めることになった。
小関はレッツゴー!ライオンズ内でファンからテーマ曲のアイディアを公募し、その結果テレビドラマ「太陽にほえろ!」で劇中のBGMとして使われた『ジーパン刑事のテーマ』(青春のテーマ)を使用することを決めた。
ところがある時期から一部の西武ファンが、小関が打席に入る際、場内で流れる『ジーパン』のリズムに合わせて「お・ぜ・きー!!」などと小関コールを入れるようになり、これがのちにホームのみならず、ロードゲームでも応援団がトランペットで演奏するようにまでなった。
小関は巨人移籍後も『ジーパン』をテーマ曲に選曲。ファン・応援団による小関コールも西武時代同様に行われた。
しかし巨人に在籍した2年間は出場機会に恵まれず、特に2007年シーズンは出場が僅か5試合。
東京ドームで『ジーパン』が流れたのは僅か2回だけであった。
12球団合同トライアウトを経て横浜に移籍。ここでも小関は「自分のテーマ曲として定着しているし、あの曲で横浜を盛り上げたい」と、『ジーパン』をテーマ曲に選んだ。
2009年にはライオンズの星秀和が、小関本人に直接許可をもらって使用していた。

予断ですが・・・
「青春のテーマM2」という曲もあります。
ジーパン刑事が夕陽の中、やりきれないシグサでタバコを吸っているシーンを思い出します。
http://www.youtube.com/watch?v=r4SDerYdopY

回答者:七曲署捜査1課
回答日時:2011-09-03 22:34:19

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。「青春のテーマM1/ジーパン刑事のテーマ」ですね。私はホークスファンですが、西武ドームで観戦したことも多く、よく流れている曲でしたが、そういう経緯があって小関選手の曲なったのですね。

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
西武時代、西武ライオンズ球場がドーム化され西武ドームと...詳細

回答者:あっこ
回答日時:2011-09-03 22:40:33

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ