朝日新聞からの情報です。

フランス南部ガール県のマルクール原子力関連施設で
12日午前11時45分ごろ、爆発事故があった。
仏メディアによると、少なくとも1人が死亡、4人負傷。
フランス原子力庁(CEA)によると、事故が起きたのは
放射性廃棄物の貯蔵などを行う施設で、放射能漏れは
ないという。

現場は、南部の都市アビニョンから30キロ離れた農業地帯。
この施設には原子力発電所はない。
AFP通信によると、施設の一部では、仏原子力大手アレバが
核兵器から抽出したプルトニウムを使い、プルトニウム・ウラン
混合酸化物(MOX)燃料を製造している。また、放射性物質の
管理のほか、使用済み核燃料の保管にも使われている。

仏地元紙(電子版)によると、警察は原子力関連施設の一帯の
立ち入りを禁止しているが、放射性物質が放出されていない可能
性が高いため、住宅からの外出は規制していないという。
(パリ=稲田信司)
.

回答者:ジョシュア
回答日時:2011-09-12 22:01:16

この回答の満足度 ★★★★★
[*]前へ 

ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ