Sooda!
 閲覧数:87
明治28年の津波が15mなのに、なぜそれ以上の対策をしてこなかったのでしょうか。
福島原発にいたっては、わざわざ津波に弱くなるよう建設されていたとのことですが、その理由はなんでしょうか。

福島原発はお金を掛けて津波に弱くなる様にしていた?
http://ameblo.jp/matsui0816/entry-10844457588.html
福島の第1号原発の建設に付きまして書かせて頂きました。
4/14ブログより
この福島原発の土地も、海岸が削られて台地の様になっているという事はそれだけ多くの津波(大波など)が来ているという事をその地形の歴史が語ってくれています。
ですから、その地形の高さで建設されていたら、津波の被害からは免れているわけなのです
ところが、どういう分けか津波に強い好立地であるのに わざわざお金を掛けて、土地を削って、津波被害に遭いやすくなる様に低くして建設しているわけなのです。
まさにワザワザお金を掛けて土地を低くして世界に人々に原発の怖さを知らしめる為に津波に弱い原発の建設をしたという感じになっているとも言えるわけなのです。
http://ameblo.jp/matsui0816/entry-10883749358.html

質問者:匿名
質問日時:2011-09-18 02:41:21
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
津波に弱くなるように建設したのではなく(結果的にはそうなりましたが)元々災害に対してはろくな調査や想定をしていないってことなんですよ。
どうもあの会社の伝統的な体質のようです。

なぜなら柏崎刈谷原発と言うのが東電は持っていますが、そこの真下には活断層があります。(「極めて近き時代まで地殻運動を繰り返した断層であり、今後もなお活動するべき可能性のある断層」を特に活断層(かつだんそう、active fault)といいますが、話すと長くなるので、これ以上はご自身で調べて下さい)

確か阪神大震災の時は野島断層が発生しました。
地中の中に隠れている事が多い断層が多いので、わからなかったと東電側は柏崎刈羽原発の事で言っていましたけど、どんな条件でどんな調査をして、原発用地を決めて、建設した訳?と言いたくなりますね。

今回の福島原発にしたって、ロクな調査はしていなかったんでしょう。
調査をしていれば、東北電力でしたか、女川原発だって恐ろしくて作る事は出来ない筈なんですけどね。

大阪でしたか、何百年に1回しか来ないような災害の為に防波堤(防潮堤?)なんかどうして作るの?と言って事業仕分けの対象にしてしまった民主党とろくに調査もせずに、そしてもし津波が来たらどうなるかと言う被害の想定も満足にせず、もし地震と津波が来たらこうすれば、防げると言う対策も持っていなかった、東電と自民党・民主党の責任でもある訳です。

メインは利権と言う名のもとに政治家と東電が癒着して、災害の想定もしなかったし、出来なかった、過去の政治家が悪いと言う事です。

冷静に考えれば、阪神大震災以降活断層の調査をしている訳ですし、今までも大きな津波の被害を受けているのだから、こんなもんでいいかなではなくて、真剣に災害による被害をどうやって減らすかと言う対策を取らなかった東電と政府も悪いんですよ。

すべては想定外だったと言っていたようですが、そこまで想定できなかった自分がおバカちゃんだったと言っているようなもんです。
そんなおバカちゃん達の集まりだから、どうせこんな大きな災害が来る訳がないと勝手に思い込んでいたとしか言えないですね。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-09-18 08:22:28

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/16件中
このような危機が来ると予想していなかったから。想定外とテレヒ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-23 17:33:11

この回答の満足度 ★★★★★
危機管理が無かったですね。反省しなければなりません。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-19 09:23:54

この回答の満足度 ★★★★★
目先のことしか考えずに、原発は安全だから対策なんて必要ないと...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-18 21:54:39

この回答の満足度 ★★★★★
先のこと、将来のことを考えていなかったのだと思います。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-18 16:39:39

この回答の満足度 ★★★★★
危機管理が足りなかったのでしょうね・・・。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-18 13:26:55

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ